« 「葬送と美」展の風景。 | トップページ | 鷲津民子 展、through’07。 »

チョロキャラ、大丈夫だったらしい。

おはようございます。

東京ツアーの時、問題がまったくなかった

日曜限定!チョロキャラのお時間であります。

昨日のシンポジウム、いろんな意味で、

成功いたしました。(ほっと、しております。)

NPOとして、なかなかの手ごたえがありましたね。

ご報告は、またの機会にまとめてするとして、

本日は、東京ツアー中のチョロキャラのお話であります。

早いもんです。もう一週間が経ってしまいました。

実は、先週の日曜日、やはりチョロじいが気になりまして、

宿に入ってからチョロキャラをお預けした

ドッグトレーナーさんの携帯に℡してみました。

「もしもし。タカモトですが。

チョロとキャラは、ごはんとか食べてますか。」

「あっ。ぜんぜん大丈夫ですよ。

キャラは、さっき、ケージの扉開けたら、

飛び出してきて、顔なめしてくれましたよ。

チョロは、ごはんもちゃんと食べるし、

びっくりするぐらいおとなしい。

散歩に連れ出すと、尻尾振って喜んでますね。」

二匹とも、元気そうでありました。

これで、安心して、東京ツアーを行うことができました。

ただ、帰ってからは、キャラさんが大の方を

夜から朝にかけて56回ほどしまくりまして。

チョロじいの方も、ちょいゆるでして。

ちょっとは、ストレスがあったのでありましょう。

でも、いまは元通りの生活に戻っております。

次回は、夏ごろ。

また、預けることになるかも知れませんが、

まぁ、これぐらいなら、問題なしであります。

さて、先日。老人ホームから帰った奥さんから、

聞いたのですが。

筋肉が硬直していく病気にかかってしまった

ご老人と接する機会があったそうです。

お話しすると、犬好きだとわかり、

キャラさんを近づけたところ

うれしそうに笑顔を見せてくれたらしいのです。

なんでも入所してから8ヶ月ほど経つのですが、

いままで、あまり表情に変化がなかったとのこと。

「犬(動物)のチカラって、すごいなぁ。」と

感心してしまいました。

来週、気候もよくなってきたので、犬好きのご老人がたを

おとなしい犬23匹と一緒に河川敷まで連れて行く

予定のようであります。

時間が合えばキャラさんと

参加してみようかと思っておりますよ。高橋さん。

ではでは、また来週。

Dsc00375

なかなかやるやないの。おまえさん。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

Img_2906

昨日のシンポジウム風景です。

満席とはいきませんでしたが、

それでもけっこう席は埋まってしまいました。

よかったです。

|

« 「葬送と美」展の風景。 | トップページ | 鷲津民子 展、through’07。 »

cara san days」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「葬送と美」展の風景。 | トップページ | 鷲津民子 展、through’07。 »