« 天然濃縮100%の、アートたち2。 | トップページ | ある若きコピーライターくんへ。 »

アナログか、デジタルか。

おとついのこと。

玄光社さんから、イラストレーションファイル2007

アナログ版とデジタル版が届きました。

企業広告バリバリの頃は、バイブルのように

ブレストのとき、よく見たもんであります。

それだけ、広告業界では、

どこの代理店であれ、プロダクションであれ、

この本は、あったのであります。

いまも、そうでしょう。

さっそく、パラパラパラと見ておりました。

なるほど、なるほど。

みなさん、力作ぞろいでありました。

でも、まてよ。

昔は、なんかこう、もっと個性があったような。

もっと、アクがあったような。

気がしながら、見ておりました。

特に、デジタルが、気になってしまいました。

似たものキャラクターが多くなったような。

こうならないと仕事にならないのか。

そんな現状が垣間見えてしまいました。

アナログ版のほうは、昔よりは柔らかくなった気がしますが、

それでもどっこい、みなさんふんばっておられました。

掲載人数も、昔に比べたら、ずいぶん多くなっています。

これだけの数から選ぶのは大変ですが、

選択肢が多くなって、ありがたいことはありがたい。

でも、逆に選ばれる方は、大変でありますよ。

どんな世界も、大変な時代であります。

アートであれ、広告であれ、どんな企業であれ。

選んでいる方も、だれかに選ばれているのですからね。

Dsc00391 

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

どこかでこの本を見かけたら、

奥さん(荒木啓子)の写真を少し見てみてください。

バックに黒い影が、見えるはずです。

実は、この黒い影、昨年までえらい騒ぎになっていた

ディープなお馬さんであります。

奥さんのお友だちが調教師さんの奥さんでして、

1年ほどまえに滋賀の栗東まで友人たちと遊びに行って

撮らせてもらった写真です。

一時期は、生写真一枚数万円で取引されていたようです。

まぁ、これぐらいなら許してもらえるだろうと、

掲載してみました。

(ほとんど分かりませんけどね。)

|

« 天然濃縮100%の、アートたち2。 | トップページ | ある若きコピーライターくんへ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天然濃縮100%の、アートたち2。 | トップページ | ある若きコピーライターくんへ。 »