« 倉持勇三×小松純、素材と身体。 | トップページ | 人の話を、聴くということ。 »

中岡祐一郎、my skelton。

じぶんの体って、見たことありますよね。

お風呂あがりに、鏡で見たり。

しますよね。

でも、じぶんの体のなかって、

なかなかじぶんでは、見れない。

今回の中岡さんは、病院で

じぶんの骨のレントゲン写真を見たそうで、

それも、通常より背骨がひとつ多いことが

分かったそうです。

その体験からじぶんのなかにある「内なる生」に

興味を抱いたらしいのです。

Dsc00379   

大きさといい、見た感じで、恐竜の骨ですか。

と、聞いてしまいました。失礼。

作品は、すべてアルミで制作されているそうで、

メタリックな輝きが無機質なイメージを発しているのですが、

形状は骨そのもので、

生々しくならない「生」の存在感がありました。

(決してグロではありません。)

しばし、見入ってしまいました。

Dsc00377_1 

中岡祐一郎展[my skeleton]

414(土)まで

ギャラリー白

http://www.ne.jp/asahi/gallery/haku

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 
http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆
http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery
http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

|

« 倉持勇三×小松純、素材と身体。 | トップページ | 人の話を、聴くということ。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 倉持勇三×小松純、素材と身体。 | トップページ | 人の話を、聴くということ。 »