« 九州ツアー、後記。 | トップページ | STILL LIFE 才木寛之展。 »

居城純子、入れ子の箱。

返信しなければならない、メールがたまっております。

やっておかなければならない、作業もたまっております。

でも、昨日も打ち合わせが重なり、

なかなか思うようにはかどらない状況であります。

そういいながらも、打ち合わせの合間をぬって、

大阪府立現代美術センターで開かれている

今日の作家シリーズ47

居城純子、入れ子の箱 展へ行ってまいりました。

風景をモチーフに、描きあげたキャンバスの一部を燃やし

たり、剥がしたりしておりました。

「なにするんやぁ。せっかく描いたのにもったいない。」

と、ぼくなんかは、思ってしまったのですが。

燃やすことで、作品は、風景のなかに、そして

ビデオの中に存在している。

剥がすことで、いままでに存在していなかった世界を

広げることができる。

とくに、剥がされた作品にジオラマ的な要素を

加えた大作は、「へぇー、ここまで広げるかぁ。」と

感心させられてしまいました。面白かったです。

Photo_27

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

年1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

|

« 九州ツアー、後記。 | トップページ | STILL LIFE 才木寛之展。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 九州ツアー、後記。 | トップページ | STILL LIFE 才木寛之展。 »