« 眺めてよし、飾ってよし。 | トップページ | キャラさん、ほんまに、大活躍中。 »

風と、鳥と、庭園と。

おとついギャラリーをまわったときに、

植物を使った展示がふたつありまして。

それぞれご紹介してしまいましょう。

ひとつ目は、山崎由美子さんの

水上の植物プロジェクト-採集-

Img_2548

鶴見緑地にある「咲くやこの花館」前の

池上に土を入れた3箱を筏に乗せて置いておき、

10ヵ月後にその筏ごとギャラリーへ移動して

展示したそうです。

おなじ条件で筏を浮かべていたにもかかわらず、

それぞれに植物の種類も違えば、

育ち方も変わってきたそうです。

不思議ですよねぇ。

微妙に日照時間の差があったり、風や鳥が運んできた

種子が、違っていたんですよねぇ。

なにも解説されずに見ていると、

見過ごしそうな雑草なのですが、

説明を受けるとおおいなる自然の神秘が見えてきます。

水上の植物プロジェクト-採集-

2007224日(土)まで

Galerie ou

http://www.g-ou.com

Img_2550 

さて、おつぎは、

造園家 吉川雅千の仕事 展。

これには、驚きました。

ギャラリーのドアを開くと、

一面が庭園になっておりました。

Img_2553

吉川雅千(まさかず)さんは、数々の庭園を

手がけてきた関西では有名な造園家らしいのですが、

今回、オーナーと10年来の付き合いということもあり、

“いっちょ、やったろかい”的に、

ギャラリー空間を造園してしまったのであります。

よく見ると、チョロチョロと水も流れておりました。

床も一面に川岸から持ってきた砂利が敷いてありました。

これだけやってしまうと、空気まで清々しくなる。

これまた、心地よく落ち着ける空間に

仕上がっておりました。

造園家 吉川雅千の仕事 展

2007224日(土)まで

ギャラリーcomp

http://homepage2.nifty.com/gallery-comp/

Img_2554 

さて、本日も、カリモク家具のショールームへ

行ってまいります。

今日、明日と、じっくり観察して、

しっかり次回へつなぐことにいたしましょう。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

|

« 眺めてよし、飾ってよし。 | トップページ | キャラさん、ほんまに、大活躍中。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 眺めてよし、飾ってよし。 | トップページ | キャラさん、ほんまに、大活躍中。 »