« 奥さんの展覧会準備、その2。 | トップページ | 繪宙計畫、と、会う。 »

画廊まわりには、いい日和でした。

ひさしぶりに、かなりの画廊をまわってまいりました。

老松町から中崎町、淀屋橋から心斎橋、なんば、

北浜、天満橋のルートでありました。

おかげで、足腰へろへろになりました。

でも、おかげでいいもの、たっぷり見ることができました。

いくつかあるのですが、

まずは、ギャラリーH.O.Tさんの

アートがもたらすプラセボ効果。

Img_2492 

まず、入りますと、カルテのようなアンケート用紙を

渡されましてね。

青、赤、黄、白、黒の五色に分けられた作品を見て、

気になる色の作品を選ぶわけであります。

Img_2494 

その色によって、なにかしらの病の傾向をさぐれる

というものでありました。

ぼくは、青と赤の作品が気になったのですが、

肝の衰えや、イライラがつのる傾向にあるとか。

なるほど。当たっておりました。

やはり、酒の飲みすぎでありましょうか…。

帰りには、対処するための食材を描いたグラフもいただき、

これは、ギャラリーへ行ったというよりも、

クリニックへ行ったという気になってしまいました。

面白かったです。

530-0047

大阪市北区西天満3-6-3


西天満福岡ビルディング1FC

http://galleryhot.com/index.html

Img_2497 

さて、もう一軒ご紹介するのは、

Compさんの、沈黙の対話展。

思わずオーナーさんへ「へぇ~。いいじゃないですか。」

と、身の程もわきまえず言ってしまいました。

今回モノトーンの作品を創ってきた

原田 一さんと遊上 陽子さんが初顔合わせ。

ふたりの作品から発せられる静かな言葉に、

しばし、心地よく浸っておりました。

こちらも、おすすめであります。

Comp

大阪市北区西天満2-8-1

大江ビルB1

Img_2498

遊上さんは、京都のギャラリーSUZUKIさんでも、

11日まで、個展を開いておられるようです。

ほかにも、ギャラリーwksさんもよかったし、

Oギャラリーeyesさんもよかったし、

Itohenの須川まきこさんもよかったです。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

年1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man 広告!

ちょっと、アフィリエイト広告を試してみます。

少し、画面のデザインが変わるかも知れませんが、

ご了承くださいね。

A・NO・YO (あのよ) 2006年 12月号 [雑誌] Book A・NO・YO (あのよ) 2006年 12月号 [雑誌]

販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 奥さんの展覧会準備、その2。 | トップページ | 繪宙計畫、と、会う。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奥さんの展覧会準備、その2。 | トップページ | 繪宙計畫、と、会う。 »