« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

大阪・アート・カレイドスコープ 2007。

“大大阪(だいおおさか)にあいたい。”

と、銘打たれております。

今年の大阪・アート・カレイドスコープであります。

明日以降、時間をつくって、少し回ってみようと思っています。なんせ、16ヵ所もあるので、全部は、ちょっと無理でしょうが、

できるだけ回ってみるつもりであります。

内容の方は、大阪府立現代美術センターから送られてきたメールを抜粋して添付いたしますので、

ご興味のある方は、ぜひ、回ってみてください。

――――――――――――――――――――――――

会 期:200731()―21(水・祝) <無休>
開館時間:10:00―18:00
会 場:大阪府立現代美術センター展示室A、大阪府庁舎及び市内各所

大阪府立現代美術センター以外の各会場については、
休館日のある所があります。詳細はホームページをご覧下さい。
http://www.osaka-art.jp/genbi/exhibition/kaleido_07/kaleido2007-about.html.


入場料:無料(関連事業は一部有料)
主  催:大阪府立現代美術センター
プロデューサー:北川フラム

大阪には魅力溢れる空間が数多く存在しています。
20
世紀初頭のアール・デコ様式の近代建築物が当時の都市の品格を伝え、今も社交やビジネスの場として賑わう船場エリア。最先端の街づくりが進む大阪駅北地区。
多くの寺社や情緒溢れる坂道など古くて懐かしい大阪の面影を色濃く残す上町台地。
激動の昭和の庶民生活を支え、見守ってきた築70年の近代長屋が新しい姿で蘇る

阿倍野区

阪南町地区。
第4回目を迎える今回は、このようなまちを舞台に、市内16か所でアート作品を展示し、地域・人・アーティストがコラボレートすることによって、「大阪のまちとひと」を浮き彫りにします。大阪のまちは、今、アートとともに違った表情であなたに語りかけています。
さあ、マップを持って新しい大大阪に会いに行きましょう。

==展示会場==
大阪府庁舎本館/大阪証券取引所ビル/江戸堀コダマビル/應典院/大阪駅北地区/大阪ガスビルディング/大阪名品喫茶大大阪/源聖寺/ ()中央電気倶楽部/芝川ビル/船場ビルディング/寺西家阿倍野長屋 /東横堀緑道/フェスティバルゲート/綿業会館/大阪府立現代美術センター

==出品作家==

招聘作家
フェリチェ・ヴァリーニ(1952年スイス生まれ・フランス在住)
@大阪府庁舎本館、大阪証券取引所ビル


展示室A出品作家
浅野竹二/国枝金三/本城直季/前田藤四郎/森村泰昌

公募展入選作家
【展示】
C
A(大森章永/丹羽知佐子)@大阪駅北地区
小川次郎/日本工業大学小川研究室 @大阪駅北地区
原倫太郎+原游 @大阪駅北地区
西村正徳 @江戸堀コダマビル
南雲由子 @應典院
酒百宏一 @大阪ガスビルディング
石塚沙矢香 @芝川ビル
武内貴子 @芝川ビル
山崎龍一 @芝川ビル
Alien Strings---Charles-Eric Billard, Yangjah---
 @芝川ビル
小澤さよ子 @船場ビルディング
長谷川仁 @(社)中央電気倶楽部
造形実験カロス(加藤ひろし/石松丈佳/神村昇作) @寺西家阿倍野長屋
柴田美千里 @東横堀緑道
山口良臣 @綿業会館
ザ・ビークル @府立現代美術センター展示室A
nature works
 小村一也 @大阪名品喫茶 大大阪
濱口直巳 @大阪名品喫茶 大大阪
平丸陽子 @源聖寺、應典院
足立喜一朗 @フェスティバルゲート

【パフォーマンス】
時間旅行楽団/contact Gonzo(垣尾優×七九式)


会期中、大阪のまちづくり活動・アート活動に関わる皆さまとの恊働にて、
様々なイベントを開催!

詳しくはホームページをご覧下さい。 
==========================================

お問い合わせ先:大阪府立現代美術センター
540-0008 

大阪市中央区大手前

3-1-43 大阪府新別館
TEL (06)4790-8520
  FAX (06)4790-8522
info@osaka-art.jp
 http://www.osaka-art.jp/
==========================================

ね。全部を一気に回るのは、大変そうでしょ。

でも、まわってみる価値は、ありそうですね。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

大阪の街には、いろんなアートがあるもんです。

でも、興味のない人には、ディスプレイや、サインの感覚で

受け入れられているんでしょうねぇ。

まぁ、ぼくも、気にしだしたのは、この数年です。

Img_2133_1

| | コメント (0)

小吹さんの後を、回る回る。

昨日は、ずっと小吹さんの後回りをしておったようです。

芳名録には、必ず名前がありましたからね。

面白いもんです。

ではでは、ちょっと気になった展覧会です。

まずは、福永宙さん。

以前、違うギャラリーでお見かけしたのですが、

その時は、鋳造で小さな島を作られていたと思うのです。

今回は、木と石で、シンプルな造形物を

作られておりました。

Dsc00279

これは、壁に上手く飾れば、インテリアにも

なかなかよろしいんじゃないかと思った次第です。

もう一度、ちゃんと撮影しに行こうかと思っていますよ。

福永宙

3.3(土)まで

ギャラリー白

http://www.ne.jp/asahi/gallery/haku/

Dsc00278

お次は、信濃橋画廊でやられている

奥村元洋さんの写真展。

「光の記憶」というタイトルがつけられているのですが、

9時ごろに撮影したものらしいのです。

Dsc00276

人間の目には、こんな緑の光は見えない。

でも、感覚では捉えられているはず。

と、いうような彼のお話をうかがって、

“なるほど”と理解いたしました。

これは、ぜひポジを見ていただきたい写真であります。

Dsc00275

プリントでは彼の意図が、

表現し切れていないのが残念でありました。

でも、面白かったですよ。

Uneasiness Ⅴと合わせて、おすすめです。

奥村元洋 写真展

光の記憶

3.3(土)まで

信濃橋画廊

550-0005

大阪市西区西本町1-3-4

陶磁器会館B1

Dsc00277

最後も、伴さんの参加型の展覧会で

岩澤さんや小吹さんの

お名前を見つけてしまったので、ぼくのを

コバンザメのように横に貼り付けておきました。

本日は、これにて終了。

チャンチャン。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

カリモク、その後のその後。

土曜日に行く予定でしたが、

ちょっと用事ができたため、

昨日、カリモク家具さんへ行ってまいりました。

展示方法を変えたのは、これで3度目。

3組に1組ぐらいは、興味を示して立ち止まっており、

なかなかの注目率でありました。

ただ、正直に言いますと、

数人の女性からは「気持ち悪い」という声も聞こえ、

総体的には男性の方が「面白い」という声が

多かったようであります。

こうした生の声や、お客さんの視線の流れなどを参考に

次回は、もっと面白い現代アートの展示会を

行いたいと思っております。

といっても、次は7月ごろなので、

今回よりも、じっくりと進行していけそうです。

企画も、23案ほど、頭のなかに描いておりますよ。

さて、それよりも先に5月のインテックス大阪で開かれる

「快適生活フェア2007」が重要であります。

インテリアコーディネイターの方々や、

ハウスメーカーの方々に、どうやってアピールするか。

本日、先日もお伝えした信濃橋画廊で開かれる

オープニングパーティで、

平木さんや、芦谷さんをつかまえまして、

お話させていただこうかと思っております。

では、今日も、画廊回りから行ってまいります。

Dsc00274 

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

ドッグフードで、元気になる。

おはようございます。

これといって特筆すべきこともない一週間だった

日曜限定!チョロキャラのお時間であります。

といっても、ちょっとショックなことがありました。

チョロさんが来て、はや半年弱。

もともと胃腸系が極端に弱く、

以前は、大のほうが、いっつもゆるんゆるんというか、

液体でありまして、散歩しても、よく水で流しておりました。

実家にいたころは、ドッグフードだけでは食べないため、

人間ごはんののこりものに混ぜて、カレーとか、

ラーメンとか、ぶたまんとか、そんなもんを

食べていたのですよね。

それじゃぁ、まずいだろぉ。ということで、

うちに来てからは、徐々に徐々に

うちのドッグフードになれてもらいながら、

以前、ご紹介した特製わんこメシを

食べてもらっていたわけです。

でも、液体ではなくなったものの、

ときどき、ちょいゆるのときがありまして。

いっぺん、ドッグフードだけやってみるか。と、

出してみたところ、ペロリ。あら、まぁ。でありました。

そこで、数日。ドッグフードだけで様子を見たところ、

ゆるゆるがかなりしっかりしたものになっております。

いままで、特製わんこメシをつくってきたのは

なんだったんだ。であります。

Dsc00273 

でも、まぁ。この方がぼくらも楽なので、もう少し、

ドッグフードオンリーで、いってみようかと思っています。

(ちなみにチョロの器は、前に義父さんからもらった

鉄人のおさらです。このほうが食べやすそうです。)

Dsc00272

Dsc00271

キャラさんのほうは、胃腸系は丈夫でして、

なにをやっても、しっかりしたものを出しております。

Dsc00270

南の島のりつさん、たんかん、ありがとうございます。

Dsc00269

本日も、キャラさんに、おすそわけしております。

Dsc00268

器をなめまくって、食べております。

Dsc00267

指まで、なめまくっております。

Dsc00266

なにわともあれ、ご両人とも、元気でありますよ。

ご安心ください。

ちなみに、うちのドッグフードは、

ナチュラルナースというインターネットで見つけたやつです。

ちと高いのですが、けっこうおいしいです。

(ぼくも、食べてみたことがあります。)

では、また。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (1)

フィギュアの街を、ゆく。

先週、ちょっと面白いところへ行ってきます。

と、ブログで書いてしまいましたが、

ちょっと期待はずれでありまして。

ほかに、何かないかと思っていましたら、

奥さんとリサーチに日本橋へ行ってみたところ、

そこが大当たりでありました。

展覧会へ向けて制作中の立体人形の

複製をつくりたいと奥さんが試行錯誤していることは、

お伝えしてきたと思うのですが。

いまや大阪の日本橋は、おたくの殿堂ともいうべき、

お店が軒を連ねておりまして。

Dsc00264   

いろんなフィギュアがところ狭しと

置かれておりました。

なかには、かなりエロティックなものもありまして、

夫婦して赤面してしまったのですが。

それでも、デビルマンやら、ガメラやら、

クリーチャー系など、精巧なものもたくさんありまして。

これには、ふたりして、すっかりおたくの殿堂に

ひたってしまいました。

奥さんの大好きなドールハウスなんぞも、

しっかりコーナー展開しておりましたよ。

Dsc00265 

いまや、スーパードルフィーと呼ばれる

マニアな人形や、頭部、胸部、体部など、

自分好みのパーツを選んで組み立てられる人形なんかも

ありまして、なかなか奥が深い。

と、感心してしまったのであります。

とはいえ、奥さんがつくりたいのは、

こうしたフィギュアでないことは明らかでしてね。

いまも、仕事用に徹夜で人形を作っております。

さてさて、どんなものになっていくか。

楽しみではありますが、不安もいっぱいであります。

まだまだ、お時間かかりそうであります。

<つづく!>

Dsc00263_1 

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

Uneasiness Ⅴの、予告。

来週は、やはりUneasiness Ⅴ。

で、ありましょう。

今年は、いつもお世話になっている

岩澤有徑さん、大澤辰男さん、芦谷正人さんが、

岩谷由愛さんをゲストに迎えてのUneasinessであります。

この展覧会の後、ヨーロッパの方へ

作品を持っていって展覧会をされるそうでして、

壮行会的な意味合いもあるようであります。

DMを見る限り、特に岩澤さんの作品が新しくなってきて

おりますが、他の方もそうでありましょうか。

先日、大澤さんからもご連絡いただき、

初日の26日にオープニングパーティを開かれるとのこと。

これは、月曜日から、がんばっていかなければなりません。

さらに、3月には大澤さんが、高齢者向けの

ワークショップやられるそうで、これにも、

取材にうかがいたいと思っておりますよ。

なにわともあれ、力のある方々の作品でありますからして、

いまから、楽しみであります。

Uneasiness

2.263.311:0019:00)最終日17:00まで

26日(月)17:00より、オープニングパーティ。

信濃橋画廊

550-0005

大阪市西区西本町1-3-4

陶磁器会館B1

Photo_31

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

TOSHIHIRO KITAOKA展の、風景。

今週、気になった展覧会を、もうひとつ。

ギャラリーH.O.Tさんで開かれている

TOSHIHIRO KITAOKA WORKSであります。

「ハルマチ」と題されている通り、

さまざまな春を待つ作品が展示されております。

作家さんは、鉄工所の社長さんらしいのですが、

植物の葉や、バラの幹、土など、

Img_2636

鉄とは無縁と思える素材も多々使用して、

作品を作られておりました。

Img_2638

他にも、こどもたちを待つブランコ、 

Img_2639

そして、なぜか窓。

Img_2640

なんだろうと、近づいてみて分かりました。

Img_2641

そよ風に運ばれたサクラの花びらが、

窓枠に置かれておりました。

もう一箇所、サクラの花びらが置かれているのですが、

それは、行かれたときのお楽しみ。

ぜひ、お探しくださいな。

TOSHIHIRO KITAOKA WORKS

ハルマチ

3.3まで(12:00~19:00)最終日17:00まで

ギャラリーH.O.T

http://galleryhot.com/index.html

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

ヒロセガイ展の、風景。

やはり、昨日。小吹さんとかぶってしまいましたね。

それだけ今回の韓国の作家さんが、

みんなの目にとまったということでありましょう。

ということで、またかぶってしまいますが、

今日は、番画廊のヒロセガイさんであります。

詳しくは、小吹さんのブログやサイトを

ご覧いただくとして、

ぼくは、作品のなかでも、このカラコロカラコロ

まわっているものが、いやに気になってしまいまして。

ギャラリーの方に「かなり気に入ったみたいですね。」

と言われるぐらい、ずっと、見ておりました。

連続写真でいってみましょう。

Img_2631 

わかります?

Img_2632 

まわってるの。

Img_2633 

これじゃぁ、わかんないかも知れませんねぇ。

単純にまわっているだけなのですが、

目が離せなくなってしまったのですよ。

他の作品も面白かったのですが、

こいつばかり、見ておりました。

もし、まわっているところを見たい方は、

番画廊まで。

ヒロセガイ エキシビジョン

2.24まで 11:0019:002417:00まで)

番画廊

http://homepage2.nifty.com/bangarow/

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

Yu,Jin Young展の、風景。

昨日は、朝から天王寺方面に用事があり、

夕方には本町で「快適住宅フェア2007」の

事前説明会があったため、

かなりの時間が空いてしまいまして。

ひさしぶりに新開通商店街を通って、

日本橋まで抜けてみることにしました。

あべの周辺、無機質にガラリと変わっておりましたが、

飛田のあたり、独特の雰囲気は、

あんまり変わっていませんでしたね。

ジャンジャン横丁に入ると、若い子たちが急に増え、

たくましく観光地化しとるんやなぁと、思ってしまいました。

Dsc00262_2   

その後、編さんからギャラリーまわりを

スタートさせたのですが、

いきなり、えらいもんに遭遇してしまいました。

先週、DMだけ見ていたYu,Jin Youngさんの作品です。

Img_2627 

ぼくが行ったときは、まだ作家さんが来られていなくて、

通訳をされている方からお話をうかがったのですが。

素材は、顔面は、たぶんFRP等、

ボディはプラスティック成型だと思いますとのこと。

Img_2629 

それぞれの人形には、物語がちゃんとありましてね。

ちょっと悲しかったり、

いまの日本人にはあまり感じないような

かわいい恥じらいがちらっと見えたり。

(誰とは言ってませんよぉ。誰とは、ね。)

いろんな背景を想像させてくれる存在感がありました。

非常に、面白かったですね。

あさっては、奥さんと行ってみる予定です。

ただ、次は土曜日にしか在廊されないらしいので、

お会いできないのが、残念であります。

Solo Exhibition Yu,Jin Young

2.1924 12:0019:30(最終日16:00

画廊 編

http://www.ami-kanoko.com

Img_2628_1 

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

カリモク家具での展示会、その後。

この土日も、行ってまいりました。

特に土曜日は、雨だったのでお客さんも少なく、

あきらめムードが漂っておりました。

そのとき、あるカップルが入ってきてくれたのですよねぇ。

それも、才木くんの作品ばかりを見ている。

そこで、少し話しかけてみました。

「なにかを見て来ていただいたんですか。」

すると、「チラシを見て来ました。」とのこと。

実は、カリモク家具さんがフェアの告知を新聞折込で

行っていたのですが、才木くんの作品も

取り上げてくれていたのです。

そのチラシを持って、それも、家具ではなく、

才木くんの作品だけを見に来てくれたのでした。

いやぁ、これには、びっくりしました。

いままでは、家具を見に来たお客さんが、

少し気になって作品を見てくれていたのですが。

作品だけを見に来てくれるとは、

小さな出来事なのですが、

才木くんとぼくにとっては、とてつもなく

大きな喜びになってしまいました。

それから、しばらくの間、才木くんが解説しながら

作品をひとつひとつ食い入るように見ていただきました。

非常に、ありがたかったです。

125_2597_1   

昨日は、昨日で、カリモクの営業さんが作品を

おすすめしてくれたり、才木くんの知り合いが来られたり、

Img_2616

そして、以前、このブログでもご登場いただいた

うちの税務を担当してもらっていた久保くん夫婦とも

ばったり会いまして。

カリモクさんへ家具を見たくて来たらしいのです。

この偶然には、びっくりしました。

彼とは、余程のご縁があるのかも知れませんねぇ。

Img_2619 

さて、さて。

ほんとうは、昨日で、才木くんの展示会は終了する

予定だったのですが、館長さんにお願いしまして、

もう少し展示させていただくことにいたしました。

ちょっと、展示方法も変えていますよ。

いろんなお客さんの視線の動きなど、

まだまだリサーチしたいことがありましてね。

というわけで、来週も土曜日ぐらい、ぼくだけ行ってみます。

しつこいでしょ。あきらめが悪いんですよ、ね。ぼくは。

往生際が悪いというか、ね。

その先を、見たくなるんですよ、ね。

しかたないです、ね。性分だから、ね。

Img_2624

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

キャラさん、ほんまに、大活躍中。

おはようございます。

ちょっとタイトルを変えることにした

日曜限定!チョロキャラのお時間であります。

先日のこと、「富士丸な日々」という本にもなった

人気ペットブログがあることを発見いたしまして。

知らなかったとはいえ、

これは、先駆者に失礼だろうと思い、

「わんこな日々」をあらため、

タイトルは「チョロキャラ」にさせていただきました。

また変えるかもしれませんが、とりあえず、これで。

さて、本題です。

先週、ひさしぶりに、義母さんが暮らす

老人ホームへうかがったことは、

ブログでもかるく触れたと思うのですが。

もちろん、キャラさんを、連れてまいったわけです。

ドアフォンで名前を告げ、中に入れてもらうと、

「あっ、わんちゃんが来た。」と、

名前はみなさんに浸透していないものの、

“キャラちゃんが来た。”というニュアンスで、

まずはヘルパーさんたちが、集まってまいりまして。

さらに、おばあちゃんたちが、集まってまいりまして。

先週、奥さんから聞いたとおり。

あれよあれよというまに、キャラさんのまわりには、

人が集まってまいりました。

Dsc00254 

ほんまに、キャラさん、大活躍中であります。

いや、まぁ、なんというか、

ここまで、みなさんに親しまれているとは、

ちょっと、想像しておりませんでした。

義母さんも、最近は、ホームに慣れたようで

体調もよく、キャラさんとも、

遊んでくれております。

まずは、ホームへ移ってもらって正解だったようです。

そして、高橋さん。いつもブログをみていただき、

ありがとうございます。

さらに、ホームのみなさん、これからもよろしくです。

Dsc00255 

昨日、カリモク家具さんで、

ちょっとうれしいことがあったのですが、

明日、まとめてお話いたしますよ。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (1)

風と、鳥と、庭園と。

おとついギャラリーをまわったときに、

植物を使った展示がふたつありまして。

それぞれご紹介してしまいましょう。

ひとつ目は、山崎由美子さんの

水上の植物プロジェクト-採集-

Img_2548

鶴見緑地にある「咲くやこの花館」前の

池上に土を入れた3箱を筏に乗せて置いておき、

10ヵ月後にその筏ごとギャラリーへ移動して

展示したそうです。

おなじ条件で筏を浮かべていたにもかかわらず、

それぞれに植物の種類も違えば、

育ち方も変わってきたそうです。

不思議ですよねぇ。

微妙に日照時間の差があったり、風や鳥が運んできた

種子が、違っていたんですよねぇ。

なにも解説されずに見ていると、

見過ごしそうな雑草なのですが、

説明を受けるとおおいなる自然の神秘が見えてきます。

水上の植物プロジェクト-採集-

2007224日(土)まで

Galerie ou

http://www.g-ou.com

Img_2550 

さて、おつぎは、

造園家 吉川雅千の仕事 展。

これには、驚きました。

ギャラリーのドアを開くと、

一面が庭園になっておりました。

Img_2553

吉川雅千(まさかず)さんは、数々の庭園を

手がけてきた関西では有名な造園家らしいのですが、

今回、オーナーと10年来の付き合いということもあり、

“いっちょ、やったろかい”的に、

ギャラリー空間を造園してしまったのであります。

よく見ると、チョロチョロと水も流れておりました。

床も一面に川岸から持ってきた砂利が敷いてありました。

これだけやってしまうと、空気まで清々しくなる。

これまた、心地よく落ち着ける空間に

仕上がっておりました。

造園家 吉川雅千の仕事 展

2007224日(土)まで

ギャラリーcomp

http://homepage2.nifty.com/gallery-comp/

Img_2554 

さて、本日も、カリモク家具のショールームへ

行ってまいります。

今日、明日と、じっくり観察して、

しっかり次回へつなぐことにいたしましょう。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

眺めてよし、飾ってよし。

いつものギャラリー、

+αのギャラリーをまわってまいりました。

昨日は、バラエティ豊かでありまして、

いろんなもんが見れて面白かったですねぇ。

なかでも、おすすめが信濃橋画廊の3作家でありました。

ひとり目は、信濃橋aporonで展示されている

三木敏江さんの「詩合(しあわせ)」展。

作品の凹凸加減が、なんともいい感じでありました。

作品集も見せていただきましたが、

いずれも、ぜひ壁に飾ってみたい、作品たちであります。

次回は、作家さんがいるときに訪ねて

お話をうかがってみたいと思ってしまいましたね。

Photo_30

さて、その横の広い空間に展示されていたのは

吉野央子(よしのおうじ)さんの「初夢の山」展。

写真の作品とは違うので、申し訳ない。

初夢を題材に富士、鷹、ナスをモチーフにした

彫刻物なのですが、カタチを変え、

イメージを変え、展示されておりました。

こちらは、ご本人から、いろいろとお話を

うかがうことができ、

なかなか有意義なひとときでありました。

さて、5Fに上がりまして、

渡辺信子さんの作品を見させていただきまして。

これまた、飾ってみたいという衝動に駆られてしまいました。

さすが、でありました。

綿などの、なにかしらの生地(?)かと思われますが、

仕上げが上手い。丁寧に、作られております。

こちらは、お写真ございません。ごめんなさい。

気になった方は、ぜひ信濃橋画廊へ。

5500005

大阪市西区西本町134

陶磁器会館B1

地下鉄四ツ橋線 本町駅20番出口

さてさて、さてさて。

しばらくぶりの、ブログでの業務連絡です。

平木さ~ん。

決まりましたよぉ~。セミナーの講師。

8月に、一般の方々向けに、やりますよぉ~。

詳しくは、明日か、あさって、

高級ソファーに座りながら、お話いたしましょう。

ネタも、いくつか考えていますからねぇ~。

それに向けて、

安田

さ~ん、横尾さ~ん、藤田さ~ん、

お客さんの動員のほう、

お手伝いのほど、よろしくお願いしますよぉ~。

近づいてきましたら、他の方にも、

お願いしますよぉ~。

100人ぐらい、集めましょうよぉ~。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

ハルマチと、Yu,Jin Young。

いいことばかりは、つづかない。

わるいことばかりも、つづかない。

へんな書き出しから始めてしまいましたが、

そんなに深い意味は、ありませんからね。

かんぐらないでくださいね。

では、いくつかいただいたDMのなかから、

来週スタートする

いくつか気になる展覧会をご紹介いたしましょう。

Photo_29 

ひとつ目は、ハルマチ展。

写真展では、ないらしいのですが、

“春を待つ”の意味なのでありましょうか。

なにか、期待をそそられる写真であります。

TOSHIHIRO KITAOKA WORKS

ハルマチ

2.193.3 12:0019:00(最終日17:00

ギャラリーH.O.T

http://galleryhot.com

Yu

ふたつ目は、Yu,Jin Young展。

この写真は、ちと怖いかも知れませんがね。

もう一枚の写真がありまして、

そちらを見る限り、おどろおどろしておりません。

こちらは、奥さんも見に行きたいと言っております。

Solo Exhibition Yu,Jin Young

2.1924 12:0019:30(最終日16:00

画廊 編

http://www.ami-kanoko.com

最後に、なんの脈略もない、ちょっとしたこぼれ話。

この2日ほど、連続で義母さんが入っている

老人ホームへ、キャラさんを連れて行っておりました。

ひさしぶりに見る義母さんは、体調もよく、

精神的にも落ち着いているように見えました。

昨日の朝、看護士さんが、義母さんに、

「お肌がキレイですねぇ~。」と、話しかけたそうです。

すると、義母さん。

「京都の女はね。キレイに見せても、こころはドロドロよぉ。」

と、言って、みんなを笑わせたそうです。

ぼくも、こんなことを言える年のとり方をしたいもんだと、

思ってしまいましたね。

では、また明日。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

年1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

点と点を、線で結ぶ。

ここ数日というか、このひと月ほど、

そんなことばかりを考えているんですよね。

実は、一部の方には事前にご報告していたのですが。

今年のゴールデンウィークに

インテックス大阪で「快適住宅フェア2007」という

大規模なイベントが開かれるのですが、

それにkeyisも出展することが決まっております。

その頃には、カリモク家具さんでの展示会第二弾なども、

開かれるだろうと思っておるのです。

そこで、これらの動きを上手く結びつけたいと、

思案していたのですが、昨日のお昼、

突然、頭の中でガッチリと、結ばれてしまいました。

どうするかは、また具体的になってきましたら、

ご報告いたしましょう。

さて、この一週間ほど、カリモク家具さんでの展示会に

集中していたため、明日、小吹さんのおすすめ情報を

参考にしながら、お昼からギャラリーまわりに

行ってまいります。非常に、楽しみです。

さらに、来週月曜日は、ちょっと面白いところへ

行ってまいります。それは、まだ秘密です。

そうそう「快適住宅フェア2007」の事前説明会にも

平木さんと行かなければいけません。

これからの一週間も、忙しくなりそうです。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

年1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

撮りだめしていたものです。

京芸の近くにあるアーリーアメリカン調のドッグカフェです。

近頃、遊びに行ってませんねぇ。

来週ぐらい、映画ぐらい、行く予定です。

(行けるかなぁ。)

Img_1322

| | コメント (0)

カリモク家具での展示会、3日目。

「なんや、これ!」

やっと、ご来場のみなさんから、

そんな言葉が、聞けるようになってまいりました。

カリモク家具の本社の方も視察に来られ、

「これは、すごい。面白い。」と、言っていただき、

他のショールームへの出展のお話も出たりしております。

以前、インテリア協会の内覧会で名刺交換を

させていただいた建築家の方も、

こちらから出した案内状を見てきていただいたようです。

(ぼくは、行き違いになってしまいました。すいません。)

ただ、残念ながら、肝心の販売にまでは

いたっておりませんがね。

初日から、いろいろアドバイスをいただいている

皮のメンテナンスクリームを販売している方からは、

さらに、新しいアドバイスもいただいております。

ここが、ふんばりどころでありましょう。

考えられることを、ひとつひとつ試しながら、

さらに、いい展示方法や、販売方法を探っていく必要が

ありそうであります。

改良の余地が、まだまだ山のようにある。

ということでしょう。

それにしても、このような貴重な機会をあたえていただいた

カリモク家具さんには、深く感謝しております。

ここには、いろんな方が来られております。

入学シーズンと重なっているため、こども連れの方が

多いのですが、なかにはフェラーリに乗っている方

なんかも、訪れております。

それにハウスメーカーや、インテリアコーディネイターも、

来られております。

可能性は、ある。それも、多方面に、ある。

と、確信しておりますよ。

18日の日曜日が、フェアのラストであります。

また土日には、行ってまいります。

新ツールを作って持って行くつもりであります。

まだまだ、まだまだ、始まったばかりであります。

Img_2544

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

年1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

カリモク家具での展示会、2日目。

どうなることやらと、思っておりましたが。

初日に、分散していた作品を、

ひとつのブースに集めたおかげで

2日目の昨日は、作品への注目率は格段にアップして

まいりました。すぐに入替えて、よかったです。

さて、今回。ぼくや才木くんにとっては、はじめての

家具のショールームでの展示会となったわけですが、

まだたった2日ですが、様々なことが分かってまいりました。

やはり、やってみなければ、分からない

ことだらけであります。

それに、カリモク家具のみなさんや、

いろんな百貨店の営業さん、いろんな業者の営業さんとも、

普段聞けないようなさまざまなお話ができて、

初心者のぼくにとっては、収穫は特大であります。

昨日は、平木さんとも、高価なソファーに座り、

じっくりと、今後のお話もすることができまして。

早くも次回の構想を思い描いておりました。

今日も、お昼から、才木くんと行ってまいります。

本日は、手短ですが、このへんで。

また、明日。

Img_2521 

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

年1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

キャラさん、活躍中。らしい。

おはようございます。

最近、犬たちとあまり遊んでいない

日曜限定!わんこな日々のお時間です。

ちょっと、アート関係のお仕事が立て込んでおりまして、

あまり、二匹と接することが少なくなっておりますが。

奥さんは、昨日、義母さんが暮らす老人ホームへ

キャラさんを連れて行ってきたそうであります。

連れて行くなり、キャラさんは、ヘルパーさんに

ひょいと担いでいかれ、いろんなおばあちゃんと仲良く

遊んでもらっていたようであります。

なんと犬が苦手な方まで寄ってきてくれているようで、

キャラさんの人柄ならぬ犬柄には、

親ばかではありますが、感心しておるわけであります。

家でそんなに遊んでやれていない分、

おばあちゃんたちと遊んでもらって、

こちらとしても、ありがたいことではあります。

奥さんのもとに帰ってきたときは、

遊び疲れて、すぐにヒザの上で、寝ていたそうです。

少し時間ができれば、ぼくも、まいりますので、

また、よろしくお願いいたします。

さて、話は変わりますが、

昨日は、中途半端に、カリモクさんからの中継を

終ってしまいました。

なんども、ブログを覗いていただいたみなさん、

ほんと、申し訳なかったです。すいません。

才木くんの作品を、広い会場に分散して設置して

しまったため、目立つ作品と、目立たない作品が、

はっきりしてしまい、急遽、

館長さんの了解を得て、ひとつのブースに

集中展示しておりました。

今日もお昼からカリモクさんへ行ってまいります。

次は、こうしてみようという展開も考えつきました。

今日は、平木さんも来られるはずなので、

しっかり打ち合わせしてまいります。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

年1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

最近、長い間、放置していた骨形のおもちゃに

はまっておるようです。毎晩、飽きずにカミカミしております。

へんな写真で、ごめんなさいね。

Dsc00249

本日の、man 広告!

アフィリエイトテスト中です。犬つながり、と、いうことで。

かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退! かんたん犬ごはん―プチ病気・生活習慣病を撃退!

著者:須崎 恭彦
販売元:女子栄養大学出版部
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1)

皮のメンテナンス。

皮のメンテナンス。

館内をリサーチしていたら、皮のメンテナンスクリームを売っている方と仲良くなりました。皮の家具は、買ってすぐに保護しておくほうが、いいそうです。才木くんも、皮談義で盛り上がっておりました。

| | コメント (0)

才木くん、到着。

才木くん、到着。

開場から、かなりお客さんが入っています。いまはひと段落です。まぁ、ぼちぼちまいりましょう。

| | コメント (0)

カリモク

カリモク

おはようございます。9時に入ったのですが、みなさんの質問攻めにあいまして。いまになってしまいました。では、また後で。

| | コメント (0)

繪宙計畫、と、会う。

行ってまいりました。

奈良の法隆寺のご近所でありました。

枚方からは、約1時間ほど、

大阪へ行くのと、そんなに変わりませんでした。

さて、作家の山本さんからご紹介いただいた

繪宙計畫(えそらけいかく)さんは、

工房というよりも、工場という感じでありました。

工場内の事務所に入っていき、

ごあいさつのあと、代表の原さんが

「じゃぁ、さっそくものを見せてください。」

と、工場長の渡辺さんも参加して、

すぐさま本題に入ったのであります。

奥さんが作った猫や犬、人形などを見せまして。

造り方を一から教えていただきました。

いやぁ、さすがプロであります。

奥さん、興味津々でお話をうかがっておりました。

なんでも奈良美智+グラフがやっているAtoZにも

繪宙計畫さんが協力して、どでかい造形物をつくったり。

海洋堂から依頼されている北斗の拳の主人公たちなどの

大型版も、ここで造られており。

ラオウやレイなど、市販前のやつを見せていただきました。

それだけでなく、作品集には、15mもあるゴリラや、

遊園地や施設などで見かける大きな造形物などなど。

ものすごくリアルでありました。

ものすごく精密でありました。

さすがプロだなぁ、と、ふたりで感心しておりました。

これだけの仕事を、手がけられておるのですが、

奥さんの小さな作品にも、

ああしたほうがいい、こうしたほうがいいと、

たっぷり2時間、丁寧にお応えいただきました。

ありがたかったですなぁ。

さて、その場は、まず奥さんが原型をつくり、

繪宙計畫さんで、かたどりしていただくことで話がまとまり、

いよいよ実際に複製物をつくっていくことになりました。

これから、どうなっていくことやら。

おおいに楽しみであります。

<つづく!>

また、こんど作品集から、ショットさせていただきますんで。

市販前のやつは、写真は、まずいかな。と、思いまして。

本日は、看板だけで、ごかんべんを。

Dsc00248

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

年1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

北斗の拳 プレミアムベスト Music 北斗の拳 プレミアムベスト

アーティスト:TVサントラ
販売元:ポニーキャニオン
発売日:2002/07/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

| | コメント (0)

画廊まわりには、いい日和でした。

ひさしぶりに、かなりの画廊をまわってまいりました。

老松町から中崎町、淀屋橋から心斎橋、なんば、

北浜、天満橋のルートでありました。

おかげで、足腰へろへろになりました。

でも、おかげでいいもの、たっぷり見ることができました。

いくつかあるのですが、

まずは、ギャラリーH.O.Tさんの

アートがもたらすプラセボ効果。

Img_2492 

まず、入りますと、カルテのようなアンケート用紙を

渡されましてね。

青、赤、黄、白、黒の五色に分けられた作品を見て、

気になる色の作品を選ぶわけであります。

Img_2494 

その色によって、なにかしらの病の傾向をさぐれる

というものでありました。

ぼくは、青と赤の作品が気になったのですが、

肝の衰えや、イライラがつのる傾向にあるとか。

なるほど。当たっておりました。

やはり、酒の飲みすぎでありましょうか…。

帰りには、対処するための食材を描いたグラフもいただき、

これは、ギャラリーへ行ったというよりも、

クリニックへ行ったという気になってしまいました。

面白かったです。

530-0047

大阪市北区西天満3-6-3


西天満福岡ビルディング1FC

http://galleryhot.com/index.html

Img_2497 

さて、もう一軒ご紹介するのは、

Compさんの、沈黙の対話展。

思わずオーナーさんへ「へぇ~。いいじゃないですか。」

と、身の程もわきまえず言ってしまいました。

今回モノトーンの作品を創ってきた

原田 一さんと遊上 陽子さんが初顔合わせ。

ふたりの作品から発せられる静かな言葉に、

しばし、心地よく浸っておりました。

こちらも、おすすめであります。

Comp

大阪市北区西天満2-8-1

大江ビルB1

Img_2498

遊上さんは、京都のギャラリーSUZUKIさんでも、

11日まで、個展を開いておられるようです。

ほかにも、ギャラリーwksさんもよかったし、

Oギャラリーeyesさんもよかったし、

Itohenの須川まきこさんもよかったです。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

年1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man 広告!

ちょっと、アフィリエイト広告を試してみます。

少し、画面のデザインが変わるかも知れませんが、

ご了承くださいね。

A・NO・YO (あのよ) 2006年 12月号 [雑誌] Book A・NO・YO (あのよ) 2006年 12月号 [雑誌]

販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

奥さんの展覧会準備、その2。

先日、お話した造形のプロの方とアポが取れました。

明日、奈良の法隆寺の近所まで

行ってまいりますよ。

それにしても、電話が長かった。

奥さんが電話したのですが、

作り方のイロハからお話いただいたようで、

となりで聞いているだけでも面白かったです。

見積もりもいただいたのですが、

やはり、少々お高い。

なんとか途中作業まで奥さんがやることで、

もう少しリーズナブルにできないかと打診したところ、

こころよく「そのほうが、いいでしょう。」と

いっていただいたようで。そこからがまた、

どうやったらうまく連動できるかを詳しく説明して

いただいたようでして、さらに電話が長くなって

しまったようです。面白そうな方であります。

非常に楽しみであります。

その方、大阪にお住まいのようで、そこで打ち合わせ

しましょうと、言っていただいたらしいのですが、

奥さん、しつように造る現場が見たいと言いまして、

奈良の工房へうかがうことにあいなりました。

工房には、海洋堂さんから頼まれた

ラオウなんかもあるそうで。

ぼくの好奇心も、いっぱいいっぱいに

膨らんでしまいました。

また後日、ご報告いたしますよ。

<つづく!>

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

年1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

才木くんの展示会用パネル、

とりあえず、ぼくと奥さんで、作ってみました。

デザインのプロではないので、これが限界です。

許してね。才木くん。

Dsc00247

| | コメント (0)

アートがもたらす、プラセボ効果。

私、またウソをついてしまいました。

今日も、ギャラリーまわれそうにありません。

明日は、必ずまわりたいと思っております。

でも、いい話があります。

3月中ごろに、リリアンワークショップ第二弾が

行われるそうであります。

前回から、かなり時間が経ってしまいましたが、

楽しみであります。

さて、今日は、ギャラリーH. O. Tさんで開かれている

アートがもたらすプラセボ効果

第5回「アートで未病を治そう!」のご紹介です。

薬剤師でもあるオーナーさんが主体となり、

生活処方のひとつ心養生法にポイントをおいた展覧会で、

アート作品と対峙することで心の病的なものを

少しでも治癒の方向へと導かせる試みであります。

昨年も行かせてもらったのですが、

通常の現代アートのアーティストさんだけでなく、

お花のお師匠さんがアートしていたり、

けっこう面白かったのでありますよ。

どんな心を癒すアートができているか、

明日は、必ず行ってまいります。

(ほんまかなぁ。)

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

年1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

Photo_28 

| | コメント (0)

Absolute basis 冨倉崇嗣とフジイ フランソワの場合

九州ツアーのダメージ。

前回ほどありませんでした。

というより、体が慣れてきたのか、ぐっすり寝たら大丈夫でした。

さて、CMや広告向けの短期レンタルが絶好調でした。

1月は、16点がレンタルされ、

複数週にまたがってレンタルされたものを入れると、

21点もありました。新記録達成であります。

九州から帰ってきたら、うれしいお知らせが待っていたので、

やっぱり親孝行はしとかなあかんなぁ。と、

思ったりしております。

では、今週の、ちょっと気になる展覧会のお知らせです。

Oギャラリーeyesさんからいただいたメールの

作家さんが、気になってしまいました。

冨倉崇嗣さんとフジイフランソワさんのふたり展です。

おふたりとも、以前にも見させていただいたのですが、

なかなかの実績をお持ちの方々です。

対照的なおふたりですが、ぜひ、

明日、うかがってみたいと思っております。

■「Absolute basis 冨倉崇嗣とフジイ フランソワの場合」展 
出品作家:冨倉崇嗣・フジイ フランソワ
2007
25日(月)~217日(土)日曜日:休廊
11
001900(土曜日/1700
会場:Oギャラリーeyes(OGallery co.,ltd.

大阪市北区西天満4―10―18

石之ビル3階 

http://www2.osk.3web.ne.jp/~oeyes/ 

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

チョロじい、太る。

おはようございます。

この3日ほど毎日焼肉屋さんの差し入れがある

日曜限定!わんこな日々のお時間であります。

先週、「キャラさんは、後ろ向きに乗っているのですか?」

というメールをいただきましたが、

これはたまたまでして。

通常は、車に乗るとき、丸まってひたすら寝ております。

偶然、カゴに前足をかけたので

ショットしてみたのであります。

Dsc00245

では、本題です。

九州から帰ってきて、数日ぶりにチョロじいの散歩を

していると、「おやっ。」と思ったのであります。

なんか、こう。お尻が、ぷるぷるしておるのです。

毎日見ていると分からないもんで、ひさしぶりに見ると、

ひとまわり太ったのが分かったのですね。

Dsc00243   

奥さんに言ってみると、

「そうなの。だから、朝は少なめにしているの。」とのこと。

そういえば、最近。焼肉屋の大将が、ひんぱんに

栄養たっぷりの犬メシを作ってきてくれるもんで、

知らず知らずに体重増になってきたのでありましょう。

まぁ、家に来る前は、豚マンやら、カステラやらを、

いまは亡き義父さんからよくもらっていて、

ごはんは、よく残しておりました。

お菓子しか食べない、人間の子どものようでありました。

家に来てからは、あんまりそういうものは与えないので、

ごはんは、しっかり毎食、完食しております。

ただ、少し量は減らしだしたものの、

奥さん、朝昼晩の3食と、

おいもさんなど、おやつもやっております。

そういうわけで、チョロじいの散歩、長くなりそうです。

今日の朝から、いつもの1.5倍ほど長く行ってまいりました。

暖冬とはいえ、朝晩は寒いですからねぇ。

今晩は、ほどほどに行ってまいります。

Dsc00244_1 

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

年1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (1)

STILL LIFE 才木寛之展。

いよいよ、であります。

来週、2月10日(土)から18日(日)まで、

カリモク家具の関西ショールームで行われる

新生活コーディネートフェア&レザーフェアに合わせて

レザーを変幻自在に造形するアーティスト

「STILL LIFE才木寛之展」が開催されます。

カリモク家具の関西ショールームは、

甲子園の鳴尾浜にある5階建ての立派な

ショールームなのでありますが、

館長さんをはじめ、スタッフの方々ともいい感じで

お話が進み、ついに実現までこぎつけてまいりました。

土日祝は、ぼくや才木さんはもちろん、

平木さんも駆けつけてくれます。

なんとかいい展示会にしたてて、次回につなげて

いきたいと思っておりますよ。

初日は、展示風景なんぞを、またまた携帯ブログで

お伝えしようとも考えております。

9日には、搬入であります。

さぁさぁさぁ、はじまりであります。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

年1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

Dsc00242 

| | コメント (0)

居城純子、入れ子の箱。

返信しなければならない、メールがたまっております。

やっておかなければならない、作業もたまっております。

でも、昨日も打ち合わせが重なり、

なかなか思うようにはかどらない状況であります。

そういいながらも、打ち合わせの合間をぬって、

大阪府立現代美術センターで開かれている

今日の作家シリーズ47

居城純子、入れ子の箱 展へ行ってまいりました。

風景をモチーフに、描きあげたキャンバスの一部を燃やし

たり、剥がしたりしておりました。

「なにするんやぁ。せっかく描いたのにもったいない。」

と、ぼくなんかは、思ってしまったのですが。

燃やすことで、作品は、風景のなかに、そして

ビデオの中に存在している。

剥がすことで、いままでに存在していなかった世界を

広げることができる。

とくに、剥がされた作品にジオラマ的な要素を

加えた大作は、「へぇー、ここまで広げるかぁ。」と

感心させられてしまいました。面白かったです。

Photo_27

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

年1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

九州ツアー、後記。

おはようございます。

ご心配かけましたが、無事に帰ってまいりました。

本日は、昨日までの撮りだめショットから、

いくつか載せてまいりましょう。

ではでは。

Dsc00189 

星ふる街の向こうに見える、月。

Dsc00190 

キャラさんの、軍団。

Dsc00186

なぜか、クリスマスっぽいツリー。

Dsc00194 

おかんが買った、リハビリ用ボール。

Dsc00202 

恐竜の島の、貝の化石。

Dsc00208 

熊本機能病院の、総合案内。

Dsc00184

とどめに…。

昨日の帰り、最後に寄った三木SAで

衝撃的な事実と出会ってしまいました。

関西汽船のフェリーのチラシがありまして、

「おお、あるやないの。」と、

手にとって裏を見ると「あ“っ。」で、ありました。

大阪南港18:50発→別府6:20着

神戸17:50発→6:00着

という便がありまして。

いずれかに乗ると、熊本に9:30、充分間に合いました。

ぽかんと、口が開いているのが自分でも分かり、

思わず一人で笑い出してしまいました。

やられてしまいました。

昔の記憶だけで判断しておりました。

バタバタしていて、調べておりませんでした。

これまた、あほ、まるだしでありました。

次回、さんふらわぁで行く九州ツアー、

かならず行ってやる。で、あります。

では、また。

みなさん、ありがとうございました。

Copy by man.

関西アートなら、ART MEDIA keyis 

http://www.keyis.jp

年1,000超の展覧会を駆ける、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »