« 現場の、現場だ。 | トップページ | Denさんの、Visual Sensation2 »

なにかが、動きだそうとしている。

なかなかの、もんでありました。

インテリア協会のセミナー&内覧会。

結果から言いますと、腰砕けはまぬがれました。

なん件か、オファーをいただきました。

ではでは。ことの顛末、書いてまいりましょう。

朝一番。気合を入れて向かったところ、

気合が入りすぎてしまい、

設営予定時間の2時間以上も前に、

出展者第一号で会場入りしてしまいました。

もちろんテーブル回りの設営も早々と済んでしまい、

あとは、ただただ他の出展企業や、来場者を待つばかり。

2時間もの間、頭の中でイヤになるほど、

セールストークのシミュレーションをやっておりました。

そして、人が集まりだしまして。

はじめは出展企業間で名刺交換をやらせていただき、

セールストークの試運転。

徐々に来場者がテーブル回りに集まってきますと

なんどもなんども頭に描いていたトークをはじめたのです。

しか~し。あっさり吹っ飛んでしまいました。

いろんな職場、いろんな立場、いろんな現場の

方々が集まっておるわけですから、それぞれに

ニーズが違うのであります。いやはや、

あわてふためいて、シドロモドロでトークしておりました。

それでも、しか~し。10名前後を越えたころから、

反応を示すところが共通していることに

気づいてまいりまして。

その部分を、ファイルケースから、さっさと抜き出して並べ、

ひとつの流れに沿って説明しだしたわけです。

すると、リズムが生まれ、会話が弾み。

立場の違う来場者との質疑応答が、それぞれに

上手く流れ出したのです。不思議なもんですなぁ。

ただ、ラスト40分ほどは、対応人数の多さに、

小さなぼくの頭は、許容量をはるかに越えてしまい

パンフレットを渡し、名刺をいただくことだけで、

精一杯になってしまいましたがね。

まぁ、それでも、上々の成果であったことは確かです。

来週。さっそく、あるショールームの担当者さんに

アポを取り、アートコーディネイターの平木さんと

一緒に行ってまいります。

すべては、これからです。まだまだハードルがあります。

浮き足立たぬよう、気を引き締めてまいりましょう。

好事魔多し、ですからね。

“かならず、動く。”

と、確信を持っていたにもかかわらず。

いざ、「動き出すんだ。」と、実感してしまった瞬間。

後ずさりしてしまいそうな自分もいます。

最初の一歩は、気合で乗り切りましょうか。みなさん。

Copy by man.

関西アートのことなら、ART MEDIA keyis

http://www.keyis.jp

よき書き仲間の、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

けっこう広いでしょ。

誰もいないここで、2時間ぽつんと、

時が来るのを待っておったわけです。

頭のなかだけは、忙しく反すうしておりましたが。

Img_1981

|

« 現場の、現場だ。 | トップページ | Denさんの、Visual Sensation2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 現場の、現場だ。 | トップページ | Denさんの、Visual Sensation2 »