« 力作ぞろいの、現場だ。 | トップページ | なにかが、動きだそうとしている。 »

現場の、現場だ。

いや、もう。

ぼくが書こうとしていたことのおおよそは、

小吹さんのブログで書かれておりました。

やはり、ご当人。

いろいろ思ったこと正直に書かれております。

それが、ブログのよいところ。

なんじゃないかと、思ったりしています。

というわけで、ぼくの方は、アウトサイドより、

観客として、ちょびっとご報告しますと。

小吹さん、がんばっておられました。

なんせ16人の作家さんですからねぇ。

それも、たった一時間で16人を紹介ですからねぇ。

進行役は、大変だったと思います。

とはいえ、観客Aさんとしては、ありがたかった。

“なんで、こんな細かいことに、

一生懸命になれるんやろぉ。”とか。

“なんで、こんなムダなこと、

途方もない時間をかけてやるんだろぉ。”とか。

ぼくのようなもんが抱く素朴な疑問を、

それぞれの作家の、さまざまな思いを引き出すように、

短縮しながらも、

小吹さんがていねいに質問してくれたおかげで、

作家の心理がかいま見えただけでも、おもしろかった。

というのが、素直な意見です。

だって、ねぇ。

ぼくのコピーライター全盛期だって。

たとえば、会社案内をつくるときに取材へ行くと、

どんなにお忙しい大企業の社長さんだって、

少なくとも一時間はいただいていたわけです。

それでも、聞きたいことのすべてを聞けるはずがない。

何十年も生きてきた人の、積み重なった思いを、

たった数分、数時間で聞きだせるわけは

ありえないわけです。

だから、聞き役はジレンマが起こるわけです。

と、ここまで書いてみて。

思いっきり話が脱線していることに気がつきました。

今日は、この辺にしておきましょう。

いよいよ本日は、

インテリア協会のセミナー&内覧会に出店です。

がんばってまいりますよ。

では、また明日をお楽しみに。

Copy by man.

関西アートのことなら、ART MEDIA keyis

http://www.keyis.jp

よき書き仲間の、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

Img_1926

こんなこともやっておりました。

Img_1944

木内さんの作品、突き抜けておりました。

しゃれっ気、たっぷりでありました。

そして、小吹さん、ご苦労さまでした。

|

« 力作ぞろいの、現場だ。 | トップページ | なにかが、動きだそうとしている。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 力作ぞろいの、現場だ。 | トップページ | なにかが、動きだそうとしている。 »