« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

力作ぞろいの、現場だ。

さてさて。

昨日は、ギャラリーをぐるっとまわって、

メインイベントであるギャラリズム2006

いってまいりました。

どれもこれも、作家さんたちの力がこもっており、

かなり見ごたえのある展覧会でありました。

と、ここからしっかりご報告しなければいけませんが、

本日、ちょっとやることてんこ盛りでして、

まとめるお時間、ございません。

まことに、申し訳ない。

今日のところは、ショット集でご勘弁を。

では、さっそく、まいりましょう。

Img_1909

まずは、本日。作品中心に。

Img_1910

Img_1912

Img_1916

Img_1914

Img_1915

Img_1920 Img_1945 

小吹さんのオープニングトークからは、明日。

頭をシャキンと整理して、まとめますので。

ご容赦のほど、よろしく。

gallerism2006[現場だ]

10301111

100018:00(最終日のみ16:00まで日曜休館

(入場無料)

大阪府立現代美術センター

http://www.osaka-art.jp/

Copy by man.

関西アートのことなら、ART MEDIA keyis

http://www.keyis.jp

よき書き仲間の、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

Pitch.板垣亜矢/丹羽友子展

いよいよ今週は、

本日から盛りだくさんの一週間であります。

そんな中、短期レンタルやwebサイトで、

いつもご協力いただいている作家大舩光洋さんから、

お手紙とDMをいただきまして。

面白そうな展覧会なので、

ぜひご紹介したいと思ったのですよね。

作家さんは、大阪芸術大学短期大学部の

版画専攻で研究室での評判が高い

板垣亜矢さんと、丹羽友子さんらしいのです。

ぼくは、まったく知らないおふたりなので、

どんな展覧会になるのか想像もできません。

でも、大舩さんのご紹介ですからね。

これは、期待度、大であります。

場所は、複眼ギャラリーさん。

大阪市中央区西心斎橋1-9-20

 4F

http://fukugan.net

Pitch.板垣亜矢/丹羽友子展

112(木)~14(火)13:0020:00(最終日17:00まで)

アメリカ村界隈へ行かれる方は、ぜひに。

そして、本日。

ギャラリズム2006の開演でありますな。

ギャラリーをぐるっとまわって、

小吹さんのオープニングトークに間に合うよう

まいりましょうか。

では、みなさま、6時にお会いしましょう。

gallerism2006[現場だ]

10301111

100018:00(最終日のみ16:00まで日曜休館

(入場無料)

大阪府立現代美術センター

http://www.osaka-art.jp/

Copy by man.

関西アートのことなら、ART MEDIA keyis

http://www.keyis.jp

よき書き仲間の、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

Dm1

| | コメント (0)

チョロさん、河川敷を走る。

おはようございます。

日曜限定!わんこな日々のお時間になりました。

老犬チョロさん、

だいぶ傷口もきれいになったので、

エリザベスカラーを外してみました。

ほんま、うるさかった。

動くたびに、ガガガッ。ゴゴゴッ。

散歩しても近所迷惑だわ。家は傷つきまくるわ。

まぁ、犬らしい犬なんで。ね。

いたしかたございませんでしたが。

獣医師さんが、もういいか。ということで、

カラーを取っ払ってみました。

そのついでに、お弁当用意して近くの河川敷まで、

ごぶさたのキャラさんともども、

長めの散歩へと出かけたのであります。

Img_1886

ハァハァ、言いながらも。

みんなでお弁当食べているときも。

じぶんのごはんには見向きもせず、

うろちょろ、うろちょろ、歩きまわっておりました。

チョロさん。こんな広いところは、

生まれて初めてだったと思うんですよね。たぶん。

もう少し慣れてきたら、クルマにも慣れさせて、

もう少し遠出をしてみたいもんです。

もう少し違う世界があることを見せてあげたいもんです。

Img_1890

そんなことを、しみじみ考えながら、

キレイな花壇があったので、

ちょいとショットしてみました。

Img_1892

うまく保ってるなぁ。

河川敷にも、いい花がありましたね。

Img_1894

って、おい!

Img_1895

なに、横ぎっとるんや!このバカ犬!

もう、どっこも連れていかへんぞっ!こいつ!

Copy by man.

関西アートのことなら、ART MEDIA keyis

http://www.keyis.jp

よき書き仲間の、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

福田利之、コジナ帖原画展。

本日も、来週からはじまる展覧会シリーズです。

ご紹介するのは、わが友福田くんの

「コジナ帖原画展」であります。

なんでも、作品集「コジナ帖」を出版するようで

原画約40点の他、イラストファブリック

「チョコロム」の展示販売も行うようであります。

忘れないうちに記しておきますと、ギャラリーは、

恵文社一乗寺店

ギャラリーアンフェール

1031日(火)~1113日(月)

10時~夜10時(最終日6時まで)

606-8184 

京都市左京区一乗寺払殿町10

http://www.keibunsha-books.com/

であります。

さて、もともと彼は、うちの奥さんがいた会社の

同僚さんだったのですが、

当時、お互いに共通する問題を抱えておりまして、

相談しあううちに仲良くなったのであります。

(どんな問題だったかは、ヘビーなので言えませんけどね。

はい。)

その後も、一緒に旅行へ行ったり、

おいしいもん食べにいったり、家に遊びに行ったり、

していたのですが。

先日、東京の仕事が忙しくなって、

あちらの方へ引っ越してしまいました。

その後は、あまり連絡を取っていなかったのですが、

彼の奥さん、ときどき、

このブログも覗いてくれているようです。

と、ここまで書いて、彼の絵にまったく触れていないのに

気がつきました。

関西では、たとえば、新しく開通した「けいはんな線」の

イメージキャラクターを描き、ラッピングトレインに

なっているし、

もっと、すばやく見れるのは、やはり、

「ほぼ日刊イトイ新聞」のミミの大きなおさるさんや、

「福田のフォト絵」というコーナーで毎日、

フォト絵を更新していますので、

検索して見てあげてください。

ちなみに、ぼくのノートパソコンのデスクトップ画像は、

このフォト絵コーナーから、無料のカレンダーを

毎月いただいています。

では、また東京へ行ったときにでも会いましょう。

福田くん。絵麻ちゃん。

あ、そうか。京都へも来るんだろうなぁ。

時間をつくって、会いに行ってみましょうか。

1_4

Copy by man.

関西アートのことなら、ART MEDIA keyis

http://www.keyis.jp

よき書き仲間の、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

一発かませるか。腰砕けになるか。

えぇ~。

昨日、ギャラリーDenさんの

展覧会情報を掲載したつもりが、

リンク先や住所などを載せていないことに、

移動中に思い出しまして。

帰ってから見ると、やっぱり、載せておりませんでした。

いつもながら、すいませんね。ご容赦ください。

賢明なみなさまは、「ギャラリーDen」でご検索いただいたと

思うのでありますが、下記にも載せておきますので。

念のため。

http://hb6.seikyou.ne.jp/home/g-den/home.html

で、本日のブログですが。

来週から始まる、面白そうな展覧会シリーズ、まだまだある

ので、ご紹介しようかと思っておったのですが。

明日以降でも間に合いそうだと判断し、

今日は、昨日のちょっとした出来事を書こうと思います。

実は、昨日。

来週の111日に、インテリア関連の企業関係者が集まる

セミナー&新ビジネス内覧会的なものが催されるのですが、

ある会社の社長さんのご好意で、

うちからもアートの長期レンタル事業を

お披露目できるようになりまして、

その事前説明会へ行ってまいりました。

まわりを見ると、みなさん、

ビシッとスーツで決めておりまして、

一部上場の名だたる企業の

担当者さんもいっぱい来ておりました。

こんなところへ、わたしなんぞが、のこのこ出てきて、

よかったんやろかぁ。

と、一瞬。緊張してしまったのではありますが、

まぁ、ここまで来たら、やってやろうやないか!

と、腹を決めて帰ってまいりました。

本日から、どうブースをデコレートするか。

どうアートコーディネイトの必要性をアピールできるか。

そして、どうクライアントを説得しきれるか。

を、考えてカタチにしてまいります。

(もちろん、アートコーディネイターの平木さんや、

うちの奥さんにも、いい知恵もらいながらですけどね。)

一発かまして高笑いで帰ってこれるか。

それとも、腰が砕けてへなへなのへろへろで帰ってくるか。

それでは、みなさま。この件に関しては、

来週のブログにご期待ください。

それと、この場を借りて、ちょっと業務連絡です。 

本日、金曜日。web用に作家さん達から受け取った作品を

カメラマンさんに渡してきます。

が、ちょっと、わたしの方の、テキストデータが

整理できていませんでして。これまた、すいませんね。

予定よりかなり更新が遅れておりますが、

来週中には、メドをつけますので。

増田さん、林さん、関係者のみなさん、

作家のみなさん、ご容赦ください。

でも、今回。7人の作家さんがエントリーしてくれます。

これまた、楽しみです。

はよ、2~3人、アルバイトでいいから

雇えるようになりたいもんです。

Copy by man.

関西アートのことなら、ART MEDIA keyis

http://www.keyis.jp

よき書き仲間の、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

アートとは、まったく関係なさそうな

古びたこのビルで、事前説明会が開かれました。

でも、ね。ぼくの若かりしころ、

宣伝会議のコピーライター養成講座を

受講しに来ていたところなんですよね。ここは。

懐かしくもあり、ほろ苦くもあり。

ここから、“リ・スタートしろ”と言われているような

ヘンな巡り会わせを感じてしまった。

と、いったところでしょうか。

Img_1877

| | コメント (0)

Denさんの、7人衆。

ほんと、来週から、

いろいろ楽しみな展覧会がはじまります。

先日お伝えしたGallerismに続いては、

ギャラリーDenさんで行われる

「Visual Sensation2」であります。

ギャラリーDenのオーナーさんが、

さまざまな展覧会の会場に足を運び、

みずからのセンスで選んだ7人の作品を展示する

らしいのですよ。

この中でお会いしたことがあるのは、

金山さんと、林さんだけなのですが。

おふたりとも、それぞれに面白い人柄でありました。

まずは、金山さん。

ごっつぅ、あっつぃお人でありましたなぁ。

建築デザインもやられていて、

アートを生かした建物を建てていたり、

飲めば飲むほど、あっつぃ、あっつぃ。

でも、彼の作品が、少し変わってきたのがよくわかります。

実は、先日casoで、最新作見ましてね。

へぇ~。なんかいい感じになってきてはるやん。

と、思ってしまいました。

そして。もうひとりが、林さんです。

先日行われた個展にも行ったのですが、

いままでと、ちょっと違うテイストが見えてきています。

こちらも、これから、楽しみな作家さんなんですよ。

いろんな作家さんが、それぞれの試みをおこない、

そして時間と共に成長していくスガタを見せてもらえるのも、

やっぱぁ、ギャラリーまわりの楽しみのひとつなんですなぁ。

ということで、他の方は、作品は見れども、

お話はしたことがないので。

展覧会中、お会いできましたら、ありがたい。

Copy by man.

関西アートのことなら、ART MEDIA keyis

http://www.keyis.jp

よき書き仲間の、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

Den1

| | コメント (0)

余白を生かす、白と黒と。

すっかり、

昨日書くのを忘れておりました。

うっかり、

わがサイトに作品をご掲載いただいてる

鍵井さんが、Gallerism2006.に出品されるのを

書き忘れておったのであります。

(ほんと。すいません。)

鍵井さんの作品、わがサイトで見れるものと、

来週から行われるGallerism2006.とは、

まったく別もんだとお考えください。

えっ!なんでっ!と思われるような作品であります。

(たぶん。)

そして、ジーパンやTシャツ、傘などにペインティングして、

街をねりあるく、イベントなんぞも、やらかす予定です。

(これまた、イベント目白押しの11月3日でありますなぁ。)

ではでは、皆の衆、Gallerism2006.でお会いいたしましょう。

さて。

話は、ごろっと変わります。

昨日、大阪のギャラリーをまわっておりまして、

本日、取り上げなければと思った展覧会がありまして。

なにはさておき、ご紹介することにいたしました。

最近、と申しましょうか。

韓国人作家のベさんと知り合ってから、と申しましょうか。

妙なもんで、

モノトーン作品に気持ちがいってしまう傾向にあります。

今回ご紹介する根津太一さんの作品なのですが、

日本人作家らしく、

やはり白場・余白を生かすための作品でありました。

(ベさんは、黒を生かすために白を使うのです。)

しかし、少し違ったのが、水墨画をベースにした作品群と、

心深を描いた作品群がありまして。

どちらも共通するのが、ご本人の心象を描いていることに

ありました。と、言いますと、ですね。

Img_1868_1 

中国風の水墨画ベースの作品は、実は過去の記憶だけを

追って描いているものなんです。

Img_1866_1

そして、もう一方の作品たちも、

「心深の襞」と名うたれておりまして。

どちらも、根津さんが心象風景を描いているのであります。

どこかで、共通項を探りながら、

2パターンを描き分けておるそうなのです。

Img_1869_1

来年、再来年と、このパターンを

消化して昇華させる、とのことでありました。

Img_1870

さてさて。

家に帰ってから、このことを奥さんに言いますと、

「日本人って、昔からそうやん。

源氏物語の絵巻だって、浮世絵だって、

余白やヌキ、間(ま)を大事にするのが、日本人やねん。」

と、かる~く、言われまして。

ほぉ~。そんなもんかぁ。なるほどなぁ。

と、酔っ払いながら、思ってしまいましたが、

疑問は残ったままですねん。

また、ベさんと、会ったときにでも、

もそっと、聞いてみますか。

日本人の白。韓国人(ベさん)の黒。

もそっと、なんかありそうなんですよ。ね。

「根津太一展 心の余白」

ギャラリーH.O.T

11/4(土)まで

12:00~19:00(最終日17:00まで)

日曜日休廊

大阪市北区西天満3-6-3 西天満福岡ビルディング1FC

http://galleryhot.com

Copy by man.

関西アートのことなら、ART MEDIA keyis

http://www.keyis.jp

よき書き仲間の、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

 

 

| | コメント (0)

現場だ! 今年の、Gallerism2006.

そろそろ10月も終わりに近づき、

来週から面白そうな展覧会がいくつかはじまります。

本日は、Gallerism2006.をご紹介いたしましょう。

この催しは、毎年、関西を代表する14ギャラリーが、

おすすめ作家の作品を出品し、

趣向を凝らしたイベントもからめて行っている、

いわば“関西のギャラリー祭” 的なもんなのです。

さて。今年の注目は、なんといっても、

われらが小吹さんによるオープニングトーク。

(10月30日、18:00~ですよ。みなさん。)

紹介文では、

「“ギャラリー王”こと小吹隆文さんが、作品の見所やコンセ

プトについて出品作家と語らいながら、アートの面白さを読

み解いていく…。」と書かれてありまして。

みなさん、これは、見に行かなくてはいけません。

ギャラリー王!を見に参りましょうぞっ。

そして、11月3日には、

漫才師であり、アートコレクターとしても有名な

おかけんたさんに、自分のコレクションを持ち出しての、

爆笑トーク(たぶん)をご披露いただいたり、

とんでもない作家 谷内一光さんの

ライブペインティングがあったりと、

この日は、ぜったい見逃せない一日になりそうであります。

いまから、楽しみであります。

ぜひ、みなさん。一度は、足をお運びくださいな。

(ぼくは、まず。小吹さんの生写真を押さえに行きますよ。

このブログでも、来週、ご紹介いたします。かならず。ね。)

「gallerism2006[現場だ!]」

10月30日(月)~11月11日(土)

10:00~18:00(最終日のみ16:00まで)日曜休館

(入場無料)

大阪府立現代美術センター

http://www.osaka-art.jp/

Copy by man.

関西アートのことなら、ART MEDIA keyis

http://www.keyis.jp

よき書き仲間の、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

2

1_2

| | コメント (1)

美術館にアートを贈る会2

先週の土曜日に掲載した

「美術館にアートを贈る会」のレクチャーなのですが、

ちょっと、時間がなくて、あわててまとめたため、

なんか、書き足りなかったなぁ。と、思っておりました。

そんなぼくの気持ちを察してか、

山岡さんから、さっそく、次回のお知らせが届きました。

-------------------------------------------------

今回は、今年の3月に西宮の大谷記念美術館の館長を

退官された辻成史氏をゲストにお迎えして、

地元密着型の公立美術館の館長をされた

期間にみえてきた、これからの美術館のあり方、

問題点、館長と学芸員の関係などをお話いただくそうです。

ぜひ、行ってみようという方は、

下記の要領でお申し込みください。

「美術館にアートを贈る会」

第3回レクチャー「美術館を中から見れば・・」

主 催:美術館にアートを贈る会

協 賛:船場アートカフェ

日 時:2006年11月6日

(月) 

19:00~(開場 18:40~)

会 場:船場アートカフェ 

大阪市中央区久太郎町3-2-15

三休橋エクセルビル北館B1F

    TEL:06-6534-5258

    URL:http://art-cafe.ur-plaza.osaka-cu.ac.jp/

ゲスト:辻成史氏

会 費:参加費500円

但し会員の方は無料

(但し、年会費2,000円。当日入会 可能です。)

定 員:約30名

参加申込方法:

人数とお名前を明記のうえ、

info@art-okuru.org

までメールにて お送りください。

折り返し事務局より登録完了のメールを

ご返信させていただきます。

-------------------------------------------------

それにしても、なんで美術館にアートを

贈らなあかんのやろう。と、

以前、山岡さんに質問しかけたところ、

それには触れないでほしいという感じだったので、

そのまま質問を飲み込んでしまいました。

まぁ、素人が突っ込んでいったら、

えらいことになりそうなので、やめときましょうか。

Copy by man.

関西アートのことなら、ART MEDIA keyis

http://www.keyis.jp

よき書き仲間の、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日のman shot!

毛をすいてもらっている、老犬チョロさんです。

毛がすごいんですわ。

すいても、すいても、抜ける、抜ける。

毎朝、玄関先の掃除をしています。

でも、その抜けた体毛を家の周りにまいたら、

のら猫や、のら狸が、寄ってこなくなっています。

まぁ、犬らしい犬を飼うと、そうゆう利点もあります。

Img_1863_1

| | コメント (0)

老犬チョロが、ついに来た。

おはようございます。

日曜限定!わんこな日々のお時間です。

昨日も予告しましたように、

本日は、老犬チョロさんが主役です。

いつでも、来い。

と、腹をすえて待っていたつもりなのですが、

いざ、来ると、こりゃぁ、大変でありますなぁ。

まず、なぜチョロさんが来ることになったかと言いますと。

チョロさん。いままで、奥さんの父母と、

仲良く暮らしておったわけです。

ところが、この夏、義父が亡くなりましてね。

義母も、かなりの高齢のため、チョロさんの世話、

できなくなりつつあったわけです。

そこで、まわりを見渡すと、わが家しかなかったのですね。

引き取って、暮らしていけそうなところが。

そこで、いつかは来る。と、思っていたのですが。

先週のこと、足に腫瘍ができているのを奥さんが

発見しまして、近くの動物病院へ連れて行ったわけです。

検査してもらうと、悪性の腫瘍だと分かり、

すぐさま手術とあいなりました。

(幸いにも、他への転移はなかったようです。)

でも、病気のチョロさんの世話を、

高齢の義母にお願いするわけにもいかず、

えい、やっ。と、わが家へ連れ帰ることにしました。

さぁ、って。

連れ帰るときが、大変でありました。

なんせチョロさん、いまだかつて、

他の家に行ったことがありません。

車にも乗ったことがありません。

それでも、連れて帰らなくてはなりません。 

体を抱いて、車の荷台に乗せようとした瞬間、

「ギャ~ッ。ガフ~ッ。」と、歯をむき出して、

ぼくの腕に襲いかかってきたのであります。

とっさに、手をはなしたのですが、

たぶん、写真のエリザベスカラーをしてもらっていなければ、

ぼくの腕、血まみれになっておりました。

(エリザベス、さまさまです。)

で、ここでひるむわけにはいきません。

ここであきらめると、犬にナメられるわけです。

ですから、もう一度、意を決して、

むんずと体を掴み上げ、

ギャンギャン、なこうが、わめこうが。

荷台にほうり上げることに成功しました。

すると、チョロさん。

腰砕けになってしまい、急におとなしくなったのですねぇ。

その後は、なんとか、わが家まで、

連行してまいりました。

この後、いろいろ事件が、毎日起こっております。

でも、今日は、これぐらいで。

それと、先日からお伝えしていた

キャラさんのゾウさん日記、

もう少し、余裕ができましたら、ご報告をいたします。

(思ったとおりの結果ではありましたが。)

では、また来週を、お楽しみに。

(でもないか…。)

Copy by man.

関西アートのことなら、ART MEDIA keyis

http://www.keyis.jp

よき書き仲間の、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

Img_1859

| | コメント (0)

美術館へアートを贈る会

つい先日のこと。

OAPにあるアートコートギャラリーの

八木さんと、山岡さんにお誘いいただきまして、

「美術館へアートを贈る会」が主催する

レクチャーへと、ほいほい行ってまいりました。

講師は、椿昇さんと言いまして。

(失礼な話、にわかアートファンのぼく、

はじめての方でした。)

メールでいただいたプロフィールがこちらです。

椿 昇(つばき のぼる)

1953年生まれ。1989年「アゲインスト・ネーチャー展」に「フレッシュ・ガソリン」というタイトルの黄色い悪魔的な作品を出品して話題をさらう。1993年ヴェネチア・ビエンナーレの

アペルト部門に出展。2001年横浜トリエンナーレでは情報哲学者の室井尚と組んで「飛蝗」を発表した。

ヒューマノイド型のロボットへの疑問から教育用のロボットシステムをリリース。

2003年水戸芸術館で個人とシステムの関係を問う「国連少年展」を開催。バングラデシュやニュージーランドなどで持続可能な成長を志向する「ラジカルダイアローグ」を展開中。2005年パレスチナ「アルカサバシアター」舞台美術担当。

2005年4月より京都造形芸術大学空間演出デザイン学科教授。地球環境センター客員研究員。

という方らしいのです。

(ほんと、すいませんね。テキトーで。

これからは、もうちょっと、勉強しますので。)

お話は、面白かったですねぇ。

終始、圧倒されっぱなしでした。

まず、クリスティーズが開く、オークションに参加していた

ご友人からの直近メール。

「こちらロンドンの○○○です。

なんと中国人作家の○○○が1億以上をつけるなど、

日本の村上や奈良は、少し影が薄くなったようです。」

的な内容だったと思います。

そんなアート界のリアルな情報から入りまして。

たぶん。椿さんが、言いたかったのは、

「少年よ、少女よ、アーティストを目指すなら、

アートマネジメントをこころざすなら、世界を見よ。」

的なことだったと思うのです。

いまからアートにかかわるなら、大阪より、東京より、

世界を知ることがもっとも大事だと

おっしゃっておられるのだろうと。

まぁ、ぼくは、ちょこっとしか行ったことないので、

あまりえらそうには言えません。

苦手なんですよ。海外って。夫婦して。

でも、若い人たちには、どんどん出て行ってもらいたい。

と、勝手なことを言い放って、

今日は、このへんで。

Copy by man.

関西アートのことなら、ART MEDIA keyis

http://www.keyis.jp

よき書き仲間の、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の

man shot!

本日は、明日の予告編で。ご勘弁を。

老犬チョロ、ついに、やってまいりました。

それも、エリザベスカラーなんて、つけて。

初日から、大変でありました。

Img_1858 

| | コメント (0)

天狗さんたちの、ロックな夜。

おはようございます。

やはり朝起きて、まず、ブログを更新しなければ、

なんか頭や体がしっくりきませんなぁ。

さて、ブログを強制休暇していた18日ですが、

短期レンタルやサイト用に、いろんな作家さんの作品を

車で取りに回ってまいりました。

そのひとつ。

パライソさんへうかがったときのこと、

おっさん連中が、いろんな天狗を造っておりました。

ぐったり、うなだれた立体天狗がおりました。

ご利益のなさそうな、戒め天狗もおりました。

そういえば、ゴンチチのチチさんも、

なぜが月光仮面のような真っ赤な立体天狗を

出品しておりました。

さてさて、ここからが、天狗さんたちの面白いところ。

夜な夜な。

どこからともなく天狗さんたち、

集まってくるそうな。

それも、夜な夜な。

飲めや、歌えや、DVD見れや、

の、ロックな大騒ぎをしておるそうな。

そして、本日の夜から日曜の夜まで、

イベントが目白押しになるそうな。

怖いもの、見たいさ。

の、人は行ってみてくださいな。

それも、ロックな天狗さんたちの宴会中に。

(この日、カメラ持って行くのを、忘れまして。

DMだけで、ご勘弁を。)

Photo_7

「天狗ロック展」

ギャラリーパライソ
542-0086

大阪市中央区西心斎橋2-10-27


森ビル3
tel & fax: 06-6213-8053
e-mail: info@paraiso-tv.com
www.paraiso-tv.com
火曜日~日曜日 月曜日定休
12:00
20:00(最終日は1700まで)

Copy by man.

関西アートのことなら、ART MEDIA keyis

http://www.keyis.jp

よき書き仲間の、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

みなさん、2日ぶりです。

やっと。

喪が明けたような心境であります。

でも、ひさしぶりに、遅寝ができたのは確かであります。

ココログさんのおかげで、

予定より少し長めに停止してしまいましたが、

いくつかネタも、こっそり仕入れてまいりました。

さぁて。

それでは、さっそくご紹介するのは、

18日にご紹介するつもりだった、

韓国の作家パク・ミヨンさんです。

聞くところによると、

大学の先生をやってはるらしいのですが、

にこやかに韓国語でごあいさついただきまして、

こちらとしても、なごやかにアンニョンハセヨ(ようこそ)な

気分にならせていただきました。

そして、もっとも大事な作品です。

りんごや桃など、果実の皮をむいているところを

描いてらっしゃるのですが、

配色が、意外だったというか。渋い金バックに赤とか。

Img_1831

面白い色を、組み合わせてはりまして。

ぼくには、新鮮に写ってしまいました。

一瞬、果実であることを忘れて見ておりました。

Img_1830 

それにしても、不二画廊さん。

韓国から面白い作家さんが、よく来ますよね。

これからも、楽しみにうかがいますんで。

「パク・ミヨン展」

不二画廊 541-0056 

大阪市中央区久太郎町2-2-8

八木ビルB1 TEL06-6261-3840

地下鉄 堺筋線10番出口から日本橋方面へ向かってすぐ

Copy by man.

関西アートのことなら、ART MEDIA keyis

http://www.keyis.jp

よき書き仲間の、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

18日も、入れてみました。

毎日、お立ち寄りいただいてる方は

ご存知だと思うのですが。

今月の18日に、ココログのメンテナンスが

ありまして、一日だけ、このブログは空白に

なっておったのです。

まぁ、しょうがないかと。

翌日から、書き進めていたのですが。

日が経つほどに、なんか、気になってきましてね。

このブログをはじめて以来、

どこかへ出かけるときは、書きためた記事を

日時指定で自動更新したりしていたのですが、

一日だけ、空白っていうのも、イヤだなぁ。

魚の小骨が、のどの奥に引っかかっているような。

へんな感覚になってしまいまして。

そこで、後追いで更新しても、

時間的に差しさわりのないネタを

探していたのですが。

まったく差しさわりのない写真たちが、みつかりました。

はい。

高島へ行ったときに押さえたうまいもんショットです。

Img_1722

まずは、テーブルセッティングから。

Img_1727 

サーモンのマリネなど、オードブルでスタートです。

次の料理に移る前に、口中を整えてくれる

あっさり風味でよかったですなぁ。

Img_1732_1

つづいては、定番のオニオンスープ。

玉ねぎの甘みが、しっかり出ていて、濃厚でした。

Img_1735

でも、その次が、ちょっと不評。

カマボコのパイ包みのようなもんでした。

怒られそうですが。しょうがない。

Img_1737_1

でもでも、メインの近江牛になると、

一同、声をなくして、もくもくと食べる、食べる。

これは、やはり、肉厚でも柔らかくて、うまかった。

Img_1751

最後のデザートは、ティラミスとこってりチョコアイス。

ブラックなコーヒーが、なんとも

締めくくりにぴったりでありました。

そうそう、マキノ高原のお宿は、

ペンションGUZUさんでした。

犬連れでおいしいもん食べて、

ゆっくり自然と戯れたい方は、ぜひ一度。

http://www.e-guzu.com/

(でも、天気には、ご注意くださいな。)

ふーっ。これで、空白の18日も埋まり、

ひと安心でありますなぁ。

でも、これ読んでくれる人、いるのかなぁ。

Copy by man.

関西アートのことなら、ART MEDIA keyis

http://www.keyis.jp

よき書き仲間の、小吹隆文アートのこぶ〆

http://www.keyis.jp/weblog/

奥さんこと、荒木啓子のkco web gallery

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

木村翼沙、プラネタジウム。

のっけから、また謝らなければなりません。

森口ゆたかさんの展覧会をお知らせしたときに、

写真がひっくりかえっておりました。

ちょっとしたデータ変換のミスなのですが、

森口さん、ほんとうにすいませんでした。

これに懲りずに、また掲載させてください。

よろしくお願いいたします。

それと本日午後4:0019日午後4:00まで、

ココログのメンテナンスのため、このブログ休止となります。

ご容赦ください。

明日の記事も、もう書いちゃってるんだけどなぁ。

では、では。気分を一気にたてなおして、

今回は、書展のご紹介です。

木村翼沙さんという京都で書を描き続けている

作家さんなのですが。

通常のように、ただ掛け軸等に書くのではなく、

ライトなどを使って、書の美しい姿、カタチを

うまく表現しているのですねぇ。これが、また。

デザインする書といえば、ARTPOT代表の

友人でもある石川九楊さんが有名なのですが、

木村さんの書は、女性らしいやわらかな筆跡というか、

筆線というか。ライトに照らし出されると、

なんとも言えず、いい味を出しておりました。

ちなみに写真の作品は、「プラネタ字ウム」というそうです。

(はははっ。)

天井まで映し出されると、書に包まれて

なんともあたたかい。

ほかにも、いろいろお試しになっております。

見てみないと、わからないんですけどね。

木村翼沙書展

Growded /

2006.10.16mon.-21sat.

12:0019:30last day 16:00

ぎゃらり かのこ

大阪市中央区千日前1-2-6

   
Tel 06-6214-2595 

http://www.ami-kanoko.com/index.htm

Img_1826_1

Copy by man.

関西のアートシーンをリアルに発信。

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子奥さんHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

写真で、時の流れを写し出す。

フツー、カメラで撮る写真って、

風景を撮ったり、人を撮ったり、モノを撮ったり。

するようなもんなわけです。

と言ってしまえば、もともこもありゃしませんが。

でも、撮る道具なのか、撮る方法なのか、被写体なのか。

どこかに、写真を撮る人のこだわりがあり、

それが写っているものに現れるわけです。

さて、本題に入りましょう。

滝みつるさんの写真を見ていると、

連続写真風であったり、合成風であったり。

(でも、本当は、アナログな方法を駆使していました。)

なんだろう。なにを表現したいんだろう。

と、第一印象で思ったわけです。

Img_1805_1 

謎を追いながら、歩を進めると。

コピーライターにはありがたい文章がありました。

Img_1803_1

これで、滝さんの思いが少し見えてきましたね。

Img_1804_1

たとえば、花束が連続して写っている写真。

広島でおこった少女殺害事件の現場に行き、

撮ってきたらしいのです。

でも、いたましい事件は、後をたたない。

次から次へと起こっていく。

いま起こっていることを、捉えたはずの写真が、

次の瞬間を捉えられていない。と、思ったそうです。

そこで、連続している時間の動きを、

花束の写真を重ねていくことで表現したそうです。

だれでも心に抱いている

生きていくことへの不安や、恐れを、

ここでは、思い起こさせてくれます。

現実からは逃げられませんからね。

いまを見つめ直しながら、

自分の周りからでも、ちょっと、よくする。

ぐらいのことは、できるかもしれない。

そんなことを、あらためて

教えていただいたような気がします。

滝みつる 展

2006109()1021() 

日曜休廊12:00-19:00 (最終日は17:00まで)

530-0047

大阪市北区西天満3-6-3


西天満福岡ビルディング1FC

ギャラリーH.O.T

http://galleryhot.com/index.html

Copy by man.

関西のアートシーンをリアルに発信。

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子奥さんHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

ゾウさんに、くびったけ。

おはようございます。

また、日曜限定!わんこな日々の

おバカな時間がやってまいりました。

さて、先日からお伝えしている、

ゾウさんのおもちゃ。

あれからもキャラさんが振り回して遊ぶもんで、

ミミが取れかかってしまい、緊急避難しました。

そこで、急遽、安売りしていた

イルカさんとカバさんを購入。

まずは、イルカさんに、代役を務めていただきました。

が、しかし。最初の数日くいつきは良かったのですが、

イルカさんには、すぐ飽きてしまい。

負傷したゾウさんを探しまわっております。

なんで?ゾウさんなの?と、

しばし考えましたが、ある結論に達しました。

それは、夢中で遊んでいる途中で

ゾウさんを取り上げられるという行為が、

満足するまでもっと振り回したいのに取られた。

それも自分のものなのに取られた。

という不満を大きく増長させることになり、

強い欲望へと変質させてしまったことで、

ゾウさんは、他のおもちゃとは違う存在に

なっているのではないかと思うにいたったのです。

次回、カバさんで、実験してみようかと思っております。

お楽しみに。

Copy by man.

関西のアートシーンをリアルに発信。

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子奥さんHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の

man shot!

キャラさんに、放置されてしまった

かわいそうなイルカさんです。

こうなると、見向きもしません。

いったん退去させて、イルカ作戦を

いつカバ作戦に移すか、

練り直さなくてはなりません。

Img_1822

| | コメント (0)

114番、Chiroさんです。

本日も、昨日にひきつづき、

若手の女子シリーズでまいりましょう。

ひさしぶりに可愛らしいイラストと出会いましてね。

いい年こいたおっさん、

“キュートやん。キュートやん。”

と、年甲斐もなく、キュンキュンして、

昔の仲間やなんかを思い出してしまいました。

ちょっと脱線しますが、ぼくは10数年前まで、

大所帯の広告プロダクションにいましてね。

コピーライターだけでも10名以上いまして、

そりゃぁもう、激しい生存競争でありました。

(それは、ちと、オーバーか。)

でもそこには、大事な打ち合わせをしとるっちゅうのに、

ノートにイラストばっかり描いとるやつとか、

一週間も、二週間も、ひと月も、家に帰らんやつとか、

いろんなヘンなやつがおったんですが。

今回のChiroさんのような展覧会をしながら頑張っていた

女子もたくさんいましてね。

そんな子たちを、思い出してしまったのです。

それでは、お写真です。

Img_1786_1

どう?

Img_1781_1

イケてる?

Img_1783_1

可愛い?

Img_1774

まだお若いのに、

しっかりキャラクターできてはる。と、思ったんですよね。

ちゃんと、ストーリーも描けている。

そんなChiroさん、リバープレイスで開かれる

アートストリームというイベントに、

ブースナンバー114番で参加いたします。

“新進アーティスト125組の展覧会&マーケット”

とコピーが書いてありまして、

いろんな若い子たちの元気な出しもんが見れそうです。

来週の土日、ミナミへ行く方は、

ぶらっと、覗いてみてくださいな。

「アートストリーム・リバープレイス2006

会場:湊町リバープレイス

10/21sat21sun  11001900

(入場無料)

Img_1820_1

Copy by man.

関西のアートシーンをリアルに発信。

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子奥さんHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

 

 

| | コメント (0)

矢羽田尚代展、ちょっと誤報。

お約束どおり、矢羽田さんの展覧会へ行ってまいりました。

ただ、間違いが発覚いたしました。

先日のご紹介で、

DMで見る限りは、うまくコラボっている気がします。 」

と、うかつにも書いてしまいましたが、

実は、矢羽田さんの作品だけでDMは作られておりました。

思惑が、見事に外れておりました。

それでも、彼女の作品。

今回も、キュートに仕上がっていましたね。

少し、お写真おさえてきましたので、どうぞ。

Img_1797 

↓この作品は、「射的ゲーム」というタイトルなのですが。

これが一番性格をあらわしているような気がしますね。

彼女も、これを考え付いたときは、

やったぁ。と、思ったそうです。

Img_1799

それでも、なんで「ふたり展」にしたんだろう。

と、ちょっと、疑問が残ってしまいました。

彼女も、相方さんのことをあまり触れないのですよね。

まぁ、あまり深追いしても、

傷が深まりそうなので、このへんで。

なにわともあれ、来週水曜日まで開催中です。

ギャラリーCENTENNIAL

http://www.14thmoon.com/cgi-bin/c/centennial.cgi?date=2006.10.11

1011()1018()
■期間中無休
13:0019:00

 土・日・最終日13:0017:00

Copy by man.

関西のアートシーンをリアルに発信。

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子奥さんHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

森口ゆたか、TOUCH展。

信濃橋画廊で開催されている

TOUCH-森口ゆたか個展-」へ行ってきました。

先に展覧会のことを少し言っておくと、

四方に手と手が触れ合う映像を流し、

それを反射させて天井に映し出すことで、

無数の手が重なり合うという不思議な

あたたかみのある展覧会でした。

森口さんとは、アート・ミーツ・ケア学会の

セミナーでお会いして以来でして、

画廊でもお話できたのですが、

NPO活動のほうがメインになってしまい、

展覧会のお話は、あまり詳しくお伺いできませんでした。

(すいませんね。来客も多かったのですよ。)

森口さんは、たとえば、さまざまな病院に

アートを取り込むなど、アートとケアをリンクさせることを、

いち早く活動として行っている方で、

NPO法人アーツプロジェクト」の代表でもあります。

これは、これで近々、もう少し詳しく

お伝えしたいと思っています。

本日は、展覧会中心ということで。

会期 : 10/9(月)~21(土) 11:0019:00
     (土曜日は17:00まで、日曜日休廊)

会場 : 信濃橋画廊   大阪市西区西本町1-3-4          陶磁器会館B1

http://www.arts-project.com/news.html

Img_1801_1

Copy by man.

関西のアートシーンをリアルに発信。

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子奥さんHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (1)

ホームページは、償却資産らしい。

本日、アートとは直接関係ないのですが、

ちょっと、税金関係で興味のある話を聞いたので

お伝えしたいと思ってしまいました。

ホームページって、減価償却の対象になると、

昨日、担当の税理士さんからはじめて聞きまして。

へぇー。へぇー。へぇー。だったのですよ。

●以下のような内容です。

ホームページは企業や新製品の宣伝のために作成するものであり、その内容は定期的に更新されるため、開設の際の作成費用の効果が1年に及ばないと考えられるため、その費用は原則として、支出時の一括の費用として取り扱うと考えられます。ただし、作成費用の中にプログラムの作成費用(検索エンジンや販売ソフト等のソフトウェアの開発費用)が含まれるようなものについては、その作成費用のうちプログラムの作成費用に相当する金額は、無形減価償却資産(ソフトウェア)として耐用年数5年で償却することとなります。

ですから、会社で所有している有形のプロスペックのパソコ

ンや、クルマなどと、おんなじ扱いになるわけです。

へぇー。知らなかったなぁ。です。

ということは、「ART MEDIA keyisi」も、

5年間は、しっかりやらないと、もったいないですなぁ。

(減価償却を調べたい方は、下記等をご参考に)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%9B%E4%BE%A1%E5%84%9F%E5%8D%B4

http://www.taxanser.nta.go.jp/2100.htm

(それと、税務の相談をされたい方は、下記へお気軽に)

ウィン合同会計事務所

http://www.tkcnf.com/win/pc/

松本さん、文章勝手に引用しました。すいませんね。

軽く広告しておきますんで、お許しください。

Copy by man.

関西のアートシーンをリアルに発信。

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子奥さんHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日のman shot!

こりずに、高島の夜シリーズです。

山のなかの宿は、ライトアップされておりました。

強風にもめげずに、おさえておきました。

Img_1753

| | コメント (0)

矢羽田尚代展、明日から。

明日からです。

サイトに作品を掲載していただいている

矢羽田さんが、天満橋のthe 14th moon.

姉妹ギャラリーCENTENNIAL

横田陽平さんと2人でニューフェイス展を開催します。

DMで見る限りは、うまくコラボっている気がします。

矢羽田さんの絵は、思春期の女子の本音を、

顔の表情をあえて描かず表現していて、

いつも、ほくそ笑むというのか。

暗くならずに、苦笑いできるというか。

自虐的でもなく、いまの女子の思いや、男女の関係を、

彼女流のとらえ方で表現しています。

それに加えて、横田陽平さんのイラスト。

(すいませんね。横田さんは、ぼく、おはつです。)

京都芸大出身のおふたりさんが、

どんなものを見せてくれるのか楽しみです。

やはり、ぼくも明日行ってみようと思っています。

Img_1771

ギャラリーCENTENNIAL

http://www.14thmoon.com/cgi-bin/c/centennial.cgi?date=2006.10.11

Copy by man.

矢羽田さんの作品は、こちらのサイトで見れます。

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、もうひとman shot!

マキノの夜です。

雲が、びゅんびゅん動いておりました。

隙間をぬって、いいお月さんが見えました。

そとには出れませんでしたが、

いい夜でした。おもしろい夜だった、かな。

Img_1754

| | コメント (0)

実は、マキノへ行ってきました。

“おんもしろいもんだなぁ。”

昨日、帰ってきてから小吹さんのブログを読んで、

そう思ってしまいました。

実は、おとつい。

小吹さんとおなじ方向へ向かっておりました。

強風、強雨、もんのすごいもんがありました。

ただ、ぼくは電車ではなく。

それも、アートとはまったく関係なく。

(申し訳ございません。本日、ただ、たんの日記です。)

車で、奥さんとキャラさん、義母と義姉と甥を連れての

荒々しい家族旅行とあいなりました。

出発の時、大阪は、風はそこそこ。雨もこさめ。

でも、天気予報で滋賀は大荒れ。

それでも、宿を予約していたため、

行かなくてはいけません。

意を決して、滋賀へと、向かったわけです。

第二京阪を走るころから横風が強くなり、

名神から京都へ向かうころには、さらに風が強くなり、

京都東から湖西道路を走るころには、

横殴りの雨と風、雲もいっそう早く動くこと動くこと。

おまけに義母が車に酔ってしまい、

観光どころではありません。マキノ高原の宿へと一直線。

330ごろには、チェックインして、あまりにもヒマなので

宿併設のドッグランへキャラさんを連れ出したのですが。

ビュンビュン風は強いわ、雨も突然強く降り出すわ。

あとはひたすら夕食まで、部屋に閉じこもっておりました。

まぁ、夕食は、おいしかったので、ちょっと救われました。

宿の方に聞くと、電車が止まったとのこと。

(電車で来る予定のお客さん、宿に着いたのは夜でした。

大変だっただろうなぁ。)

それと、帰りに高島の琵琶湖沿いを走ったのですが、

いい雰囲気の古い民家が並び、

観光地化してしまった長浜より

面白いところなんじゃないか。と、思ってしまいました。

琵琶湖の水も、キレイでありました。

Img_1760

そういえば、ぼく。ギルドギャラリーさんで

高島のギャラリーのご案内もらっていました。

こんどは、奥さんとキャラさんとで、

気軽に日帰りで行ってみましょう。

もちろん、天気のいい日に。

それと、本日。NHKの「鶴瓶の家族に乾杯!」は、

高島市の旅らしいです。古い町並みと、

キレイな琵琶湖が写っているはずです。

お時間あれば、見てみてください。

Copy by man.

関西のアートシーンをリアルに発信。

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

Img_1737   

| | コメント (0)

毎晩、ハイテンション・ドッグ。

おはようございます。

日曜限定!わんこな日々のお時間ですが、

えらいことになってまいりました。

キャラさん、毎晩、遊びくるっております。

先週、大久保さんの展覧会へ行った帰りに

京都のドッグカフェへ行ったことは

お伝えしたと思うのですが。

そのときに、つい買ってしまったゾウさんのおもちゃが、

いたく気に入ってしまったご様子でして、

ほうり投げると、走る、走る。

Img_1709_1

うれしそうに持って、来る、来る。

Img_1713_1

いつまでたっても、遊ぶ、遊ぶ。

Img_1714_1

以前は、晩ご飯がおわると、ぐっすり寝ていたのですが、

最近は、そわそわ、うろちょろ。

ゾウさんを渡すまで「はよ、ちょうだいなぁ。」と、

なくわ、わめくわ、探し回るわ。

「ほらっ。」と一度渡すと、そら、もうゾウさん、

キャラさんのだ液で、べちょべちょの、ぐちょぐちょ。

しかたなく毎晩、ばか父母は、バスタイムに

タオル地のゾウさんを洗っているわけです。

“かなわんなぁ。ほんまに。

買うんやなかった。こんなもん。”

と、思いつつも、

今晩も、ゾウさんをほうり投げるんやろなぁ。

あぁ、、、、、。

Copy by man.

関西のアートシーンをリアルに発信。

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

ワタシノ×シアワセ×は、なんでしょね。

いつもヘンなことをやっている、

いやいや、おもしろいことをやっている、

パライソさんで見つけたい

しあわせな気分になれる、四つ葉のクローバーです。

Img_1708_1

どんな風にしあわせな気分になれるかというと、

このクローバーをもらった人が、

自分がしあわせを感じる場所やものと一緒に写真を撮り、

その写真に対する思いも合わせて、webサイトに投稿。

それを集めて展覧会なんぞをやっているわけです。

それはそれは、いろんな人のそれぞれの

しあわせショットがあるわけでして。

“このミシン、大切に使ってはるんやろなぁ。”とか。

“ほんまブサイクな犬やけど、愛嬌あるなぁ。”とか。

もちろん、それらを見ている人々まで、

しあわせになってしまうという、

なんともほのぼのとした、しあわせな仕掛けなのです。

Img_1698_1

写真と一緒に送られてきた

しあわせメッセージも、ちゃんと展示してあったりして。

Img_1699_1

ひさしぶりにしあわせな気分になれた展覧会でした。

ちょっと不しあわせなお知らせは、

この展覧会、明日までなのですよ。

いつもながら、ご紹介が遅くなってしまいました。

関係者のみなさま、申し訳ございません。ね。

でも、ちょっとご安心を。

インターネットを通じて、

まだまだ、しあわせショットを募集中です。

「あら。やってみようかしら。」と、お思いになったあなた、

ぜひ、お問い合わせください。

[HAPPY project]

http://happy-project.noor.jp

をご覧いただくと、

参加方法が分かるはずです。

[ギャラリーパライソ]

http://www.paraiso-tv.com/event/index.html

展覧会は、こちらを。

えっ。ぼくは、どうするかって?

もちろん、写真撮って、送りますよ。

どんなショットか。明日のブログで、分かります。おそらく。

いつも見ていただいているかたなら、

もう分かっているはずです。けど、ね。

Copy by man.

関西のアートシーンをリアルに発信。

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

空間舎 創、オープン。

ぼくは、大阪の市内のギャラリーをこつこつ

回っているのですが、ときどき、

あれっ。こんなところにギャラリーあったっけっ?

と、まだマップや情報誌に載っていない

ギャラリーが忽然とスガタをあらわすことがあります。

マップ片手に回りはじめたころは、

マップに乗っていないところは避けていたのですが、

最近は、ほいほい入ってしまうようになって

しまいました。

(まぁ、慣れですかね。慣れ。

ずうずうしくなったというか。

ういういしさがなくなってきたというのか。

それでも、はじめて入るところは、どんなんやろぉ。と、

期待に胸膨らませて、ドキドキするもんです。)

で、今回ご紹介するのは、

ギャラリー編さんや、友達の188のある通りに

101日にオープンした「空間舎 創」さんです。

地下へと降りていくと、広い、広い。

Img_1703

こんなところに、こんなスペースが隠れていたかと、

感心してしまいました。

現在は、オーナーの辻野さんの、

これまた迫力ある陶芸作品が展示されています。 

見応えありました。

Img_1700

陶芸&華道好きな方、ぜひ行かれてはと思います。

(実は、ここ数年。あることを企んでいまして、

ピタッとくる華道家さんを探しているのですよねぇ。

いろんな方の作品、もっと見てみたいもんです。)

「空間舎 創」

http://www.tokajin.jp/

542-0074

大阪市中央区千日前1-4-19

 中島ビルB1

06-6211-4869

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

Wksさん、クラブになる。

ほんまに、いろいろやりはるなぁ。

もちろん、いい意味で言っているわけです。

北浜にあるギャラリーwksさんでは、

クラブ活動真っ最中でありました。

照明、薄暗く輝いておりました。

音楽、ギンギンでありました。

雰囲気、ギャラリーではありませんでした。

でも、いまは、人のいないクラブでした。

今度の土曜日、人がいっぱいになれば、

ほんまもんの、クラブになるはずです。

Img_1694

いやはや、いつ行っても、

Wksさんには、驚かされます。

以前行ったときは、

床一面を紙粘土でさざ波のように盛り上げていたり、

甲子園のグラウンドがあったり、鉄板でいっぱいだったり、

変わったことをしてはりました。

かといって、王道のアート作品を展示したりもしています。

いろいろやるから、面白いんでしょうねぇ。

オーナーの片山さんの思いみたいなもんが、

ひしひしと伝わってきます。

こんどの土曜日、北浜周辺にいる方は、

こっそり覗いてみてくださいな。

ギャラリーwks

530-0047 

大阪市

北区

西天満3-14-26 中之島ロイヤルハイツ1103 

http://www.sky.sannet.ne.jp/works/index.html

10.7 sat. 17:00 all night Last Spark Party free

最終日に 原 麻 結 展(10.9 mon. open)との合同パーティーがあります。参加自由無料。持ち込み歓迎。 その日 wks.がクラブになる。
<
入場料 >  無 料
<
ドリンク >  ¥
200
<
ジャンル >  psychedelictrancehip hophouse

 <DJ's>  Dj PHIRO (jouledrop)
      Dj Ishihara (NY
gran cafe)
      Dj Shunpei (cyder)  and more...

ZION
京都のサイケシーンで活躍する『華羅花』のオーガナイザーであるDJ&と、DJ FUTTCHIによって結成した『ZION』は始動開始から数多くのステージへ上がり急成長を遂げた。京都で類い稀な独自のPLAY STYLEは、パワフルなパフォーマンスに極太ベースラインに、どこか心地のよいリズミカルなサウンドエッセンスをプラス。オ-ディエンスのハートをつかみ、ダンスフロアを至極のサウンドトリップへと誘い『昇天』へと導く。

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

大久保英治展、その後のその後。

「ひとつのネタで、ここまで引っ張るかぁ~。」

と、お思いの方も多々いらっしゃるでしょうが、

昨日、今回の展覧会を企画した

コーディネーターの平木さんからメールがありまして。

へぇ~。と、感心してしまったので、

お伝えしたくなったのですよ。

大久保さんは、通常、会場には詰めないそうですが、

久しぶりの京都だということもあり、

頑張って通われたそうです。

それも、毎晩、メンバーが違っての会食。

高血圧をものともせず、お付き合いされたらしいです。

展覧会は、京都新聞に取り上げられたおかげで、

アメリカの旅行会社の社長さんや、

都市計画のカラーの先生なども来られ、

今後につながりそうな出会いもあったそうです。

たった三日間でも、

かなりみっちり凝縮した三日間だったようですねぇ。

よかったです。

これからも、お手伝いできることは、

なんでもお手伝いしていきたいと思っています。

平木さん。気軽にお声かけください。

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の

man shot!

ほんと、不思議なんですよ。

大久保さんの作品、町屋にも似合っていたのですが、

ファイルで見せてもらったモダンな建築物にも、

ピタッと合っていたのです。

Img_1639

| | コメント (1)

10月も、出足快調。

10月に入りました。

短期レンタル、すでに先月末から今月にかけて、

何点かレンタルされているようです。

今月も、楽しみであります。

つい先ごろも、作品が出ている作家さんたちから、

うれしいお礼メールや電話をいただきました。

(ベさんは、韓国でがんばっているようです。)

こうした作家さんたちとのやりとりが、

ぼくの活力にもなっていることは確かですねぇ。

今週も3名の作家さんの作品を、

新しく納品してまいります。

しかし!です。

短期レンタルへご参加いただいてる作家さんへは、

いいお知らせができているのですが、

Webサイトのみご参加いただいている作家さんへは、

なかなか、いいお知らせができておりません。

そして、長期レンタルも動かさなければいけません。

ほんと、力不足ですいません。です。

そこで、少し考えついたことがありますので、

今週、ある会社に、ちょっとしたご提案をしてまいります。

内容は、秘密です。

上手くいったら、ご報告いたします。

ダメだったら、闇に葬りさります。

(そんな、大げさなことでもありませんけどね。)

さてさて、まだまだ、がんばらなあきません。

今月も、はりきって、まいりましょう。

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日のman shot!

一見、軽そうに見えて。実は、ずっしり重い。

それが、大久保さんの作品です。

Img_1642

| | コメント (0)

大久保英治展、その後。

いやぁ~。ありがたい。

小吹さんが、大久保英治さんの展覧会を

しっかり報告してくれていたので、

ぼくは、素人視点でお気楽にまとめられます。

てっ、いうか、それしかできませんけどねぇ。

行きたかったけど、行けなかった方々のために、

お写真中心でまいりましょう。

会場となった田中彌さんは、

四条通にある老舗京人形屋さんでして、

店先はお人形さんでいっぱいでありました。

そこを通り抜けて、奥の座敷へ入って、あら、まぁ。

Img_1636

いつもは、京人形を飾ってあるらしいのですが、

ご覧の通り、大久保さんの作品が昔から、

ここにあったかのように鎮座しておるのです。

和室から坪庭を見渡すと、なんとも

いい眺めでありました。

見事に、現代アートと、

京の町屋がマッチングしておりました。

(行けなかった人、ほんと、残念でした。)

そして、2階へとあがると、

通常は人形の陳列棚に使われている場所に、

ありました。平面あり、立体あり。

Img_1645

大久保さんから、面白い制作秘話も、

たくさんお聞きしたのですが、

それはそれで、またいつか。

画廊でもない、美術館でもない。

京の町屋というスタイルのある

いい雰囲気のなかで、いい作品と出会うことができました。

ありがとうございました。

(行けなかった人、なんども言いますが、

ほんと、残念でした。

次回がありましたら、ぜひに。おすすめです。)

Img_1648

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

Img_1643 

Img_1637

Img_1641

| | コメント (0)

最近、遊んでいませんでした。

一週間のごぶさたでした。

日曜限定!わんこな日々のお時間です。

先週の金曜日のこと、キャラさんを連れて、

大久保栄治さんの展覧会へ行き、

大久保さんにも、「おっ、かわいいやぁない。」と、

言っていただきながらも、犬が入れるお店が少ないため、

後ろ髪引かれつつ、その場を後にした夫婦&1匹は、

いつかご紹介した京都の

町屋スタイルのドッグカフェ「NEST」へ向かったのでした。

そこで、小ネタを、仕入れてまいりました。

そのひとつが、こちら。

ちょっと、望遠がなくて、アップで撮れなかったのですが。

Img_1649_1

はい。ライオンの尻尾ですね。

Img_1652_1

はいはい。かわいいレトリバーですね。

う~ん。このまま終るのは、ちと、こころ苦しいので、

このショップで買ってきたゾウのおもちゃで遊ぶ、

キャラさんです。

Img_1653_1

Img_1659_1

大変です。暴れくるって、遊びだしました。

Img_1661_1

Img_1660_1 

取り上げると、荒れくるって、探しだしました。

もう、4歳だし。

そんなに遊ばんだろうと、ひさしぶりに

買ってしまったのですが。

えらいこっちゃです。

子犬のころに戻って、走り回っています。

これからしばらくは、毎日、遊んでやらんといけません。

もう大人になったと、勝手に思っていたんやねぇ。

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »