« macの古いOSでは見れないようです。 | トップページ | 大阪にいるから、できること。 »

なにわともあれ、びっくり!リリアン。

まぁ、なんとも、かんとも。

なんとか、かんとか、やってまいりました。

「びっくり!リリアン」2日目です。

ぼくとARTPOTの代表宮嶋さんは、1:00に会場入り。

こつこつと、会場設営したり、ペットボトルの切断を

地道にこなしておりました。

そして、2:00開演。

この日、先週の参加者は、持ち帰ったリリアン機で、

各自30cmほど編んできてもらって、

それをつないで「びっくり!リリアン」をつくる

予定だったのです。

「こんにちは!」と、みなさん元気に入ってきました。

でも、残念。集まったのは、10人もいませんでした。

(先週の約半数です。ただ、子どもたちが、新人さんを

一人連れてきてくれました。)

さらに、残念。リリアン機を持ってきたのは、

ほんの2~3人。(とほほっ。)

編みあがったものを持ってきたのも2人ほど。

(とほほほほっ。)

さてさて。

大きな方向転換を余儀なくされました。

まずは、先日の流れに沿って、

リリアン機をつくるところから再出発です。

しかし、つくるのは早かった。

ものの数分で、みなさん、できてしまいました。

Img_1348

さてさてさて。

それから、みなさん、大急ぎで編み出しました。

(特に、大人が必死でがんばりました。)

ところが、期待していた子どもたちが、

リリアンに飽きてきて、

他の遊びをやりだしてしまいました。

(リリアンの中に入れる予定だったジェット風船つかって、

飛ばすやら。チャンバラするやら。)

Img_1355

ここで、助っ人登場です。作家の大澤さんです。

彼は、知的障害を持つ子どもたちに絵画を教えている

だけあって、子どもたちのやる気を上手くコントロール。

「リリアンをつないだ子には、ジェット風船1個、

あげるでぇ。」とか、なんとか上手く誘導してくれて、

「びっくり!リリアン」は完成いたしました。

Img_1359

みんなで持ち上げて、ばんざい。

Img_1365_1

リリアン男も登場して、ばんざい。

Img_1372

最後は、こどもたち。

講師のやまむらけい子さんと、握手して、

さよならでした。

Img_1371

いやいやいやいや。大変でした。

大澤さん、そして平木さんが、いなかったら、

どうなっていたことやら。

(もう二度としたくないような。

もう一回、こんどは成功させてみたいような。

不思議な気持ちです。)

まずは、ともあれ。

やりとげたことは、貴重な財産になりました。

たぶん。

それと、見学に来ていただいた方から、

いくつかワークショップのお話もいただきました。

がんばってまいりましょう。

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

Img_1347

|

« macの古いOSでは見れないようです。 | トップページ | 大阪にいるから、できること。 »

びっくり!リリアン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« macの古いOSでは見れないようです。 | トップページ | 大阪にいるから、できること。 »