« はじまりは、いつも岩澤有徑さん。 | トップページ | そのむかし、書の展覧会に出たコピー。 »

作品は実物にまさるものなし、か。

昨日、信濃橋画廊にて開かれた

uneasiness IV」のオープニングパーティへ

行ってまいりました。

さすがに、関西の実力者がそろっての展覧会、

いい作品ばかりでした。

作品は、実物を見るのがイチバン。

というのが、悔しいかな正直なところかもしれませんね。

ART MEDIA keyis」では、拡大縮小が自由なソフトを使って、

できるだけ忠実に作品のテイストを再現することを

こころがけているのですが、

実物の作品を目の前にすると、かなわないですね。

(あたりまえのことでしょうけど。)

Webでどこまで、表現しきれるか。

それが、これからの大きな課題でもあります。

実物にはできないことをやれば、

面白くなるのかなぁ。とは思っていますが、

まぁ、がんばってみましょうか。

では、手短ですが、この辺で。

また、明日。

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

uneasiness IV」のパーティ風景です。

ぼくは、この時点でかなり出来上がっておりました。

この後、二次会へも行ったのですが、

しばし、眠っておったようです。

(みなさま、ご迷惑をおかけいたしました。すいません。)

Img_1069

|

« はじまりは、いつも岩澤有徑さん。 | トップページ | そのむかし、書の展覧会に出たコピー。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

信濃橋画廊はとてもすてきでした。みなさんの作品もとてもすてきでした。また足を運びます!

投稿: hayashi | 2006-07-19 17時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« はじまりは、いつも岩澤有徑さん。 | トップページ | そのむかし、書の展覧会に出たコピー。 »