« 現代アートとイラストの違いってなんでしょうね。 | トップページ | 知り合いがほめられると、うれしいもんです。 »

そろそろ、ビックリリアンの準備です。

そうなんですよね。

そろそろ、ビックリリアンの準備を進めていかなければ

ならなくなってきました。

NPO法人ARTPOTが主催する「ビックリ!リリアン」は、

819日(土)・26(土)の2日間

西成の人権文化センターで午後2:00から行われます。

といっても、先着20名様限定なので、

ここで広告してもいたしかたないのですが。

(広告は、人権協会で実施中。それも、小学生主体だし。)

とはいえ、流れだけでもご紹介しますと。

一日目、

①講師の「やまむらけい子」さんの話と作品紹介

ビックリリアンを使った編み方の講習
ペットボトル(2ℓ)でリリアンを手づくり
好きな毛糸で、各自リリアン編みに挑戦
編み上がったものをつないで“くねくねムシ”をつくる
⑥あとは、会場や公園などで遊びながら楽しむ

二日目、

①みんなが考えた「びっくり!リリアン」を発表
それぞれ持ってきた素材でリリアン編みスタート!

できあがった「びっくり!リリアン」を発表

④最後は、みんなで記念撮影!

という具合です。ぜんぶできるかなぁ。という不安いっぱいです。

その時はその時で、臨機応変に対応いたしましょうか。

さらに、わずか20名とはいえ、ほんとうに集まるかどうか、

こちらも不安いっぱいです。

ビックリリアンは、一度やれば、病みつきになることは

間違いないのですが、いまの子どもたち、

リリアンそのものに興味を持ってもらえるか

どうかが問題なのですよね。

来週の金曜日、参加メンバーで

シミュレーションしておこうということになりました。

また、それはそれで、写真押さえてきますので。

ではでは。次回は、作家のやまむらけい子さんの

ご紹介など、させていただきましょう。

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

ペットボトルをカットする変圧器です。

奥さんが、立体作品用の

発泡スチロールを切るために開発したマシーンです。

まっすぐ切るには、熟練の技が必要です。

(だから、ぼく、まっすぐ切れません。

西成のこどもたち、怒らないでね。)

Img_0867

|

« 現代アートとイラストの違いってなんでしょうね。 | トップページ | 知り合いがほめられると、うれしいもんです。 »

びっくり!リリアン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 現代アートとイラストの違いってなんでしょうね。 | トップページ | 知り合いがほめられると、うれしいもんです。 »