« 留守番のできない箱入りキャラ子。 | トップページ | 作品は実物にまさるものなし、か。 »

はじまりは、いつも岩澤有徑さん。

作家の岩澤有徑さんと最初にあったのは、

京都三条にあるロイヤルホテルの喫茶室でした。

あるギャラリストにご紹介いただき、

CM用短期レンタルにはじめてご協力いただく作家として、

作品提供をお願いしにうかがったのでした。

第一印象は、正直、神経質そうやなぁ。と、思いましたね。

(岩澤さん、ごめんなさいね。)

でも、話し込んでいくうちに、

むちゃくちゃ精力的に作家活動を行っていたり、

いろんなことに興味を持っていたり、

ユニークな人間性に触れることができて、

いっぺんにファンになってしまいましたね。

後日、岩澤さんのご自宅&アトリエへうかがい、

作品を受け取ることになったのですが、

「へぇ~。この作品。

なんで、できてんるんやろぉ~。」とか。

無知な質問ばかり投げかけていましたが、

岩澤さんは、親切丁寧に説明してくれたのを、

印象として残っています。

(まぁ~た、アトリエが広いのなんの。

うちの奥さんが見たら、びっくりしますよ。

いい環境でした。写真撮っておけば、よかった。)

そして、一カ月後、はじめて

レンタルされたのは岩澤さんの作品でした。

そして、ART MEDIA keyisへの参加を最初に

快諾いただいたのも岩澤さんでした。

というわけで、岩澤さんとは、はじめてづくしです。

もちろん、新しくはじめる長期レンタルまで

お付き合いいただきます。

それは、ぼくが決めてしまいました。

覚悟してください。ね。岩澤さん。

では、本日。

信濃橋画廊で、uneasiness IV」の

オープニングパーティです。

みなさまも、ぜひ、信濃橋でお会いしましょう。

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

言わずと知れた、岩澤さんの作品です。

(始めて見る方、ほんま、

なんで、できてるか興味ありませんか?)

ご本人のお顔は、ART MEDIA keyisのサイトで

ご覧くださいな。

104_0446_1

|

« 留守番のできない箱入りキャラ子。 | トップページ | 作品は実物にまさるものなし、か。 »

おすすめart!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 留守番のできない箱入りキャラ子。 | トップページ | 作品は実物にまさるものなし、か。 »