トップページ | 2006年8月 »

ブログは、ひと月にして成らずじゃぁ。

このブログをはじめて、

なんとかひと月、書ききりましたね。

まぁ、まだひと月なので、

とりあえず、一年は続けて書いてみようかと

思っています。

(ぼくのは、かなり日常会話のだらだら書きですが、

よければこれからもお付き合いください。)

この間、関浦さんの広告やみなさんのおかげで、

アクセス数は、日増しに、こつこつ増量中です。

(ほんとうに、ありがとうございます。

これがまた、非常に励みになっております。

明日からも、よろしくお願いします。)

今日は、こんなことを書いていいのかどうか

分からないのですが、ちょっと身内に不幸がありまして、

葬儀に参列してまいります。

姪が亡くなってしまいました。

いい看護婦さんだったようです。

白血病だったのを、

親戚やまわりにも隠して頑張っていたようです。

どうして、こう肝心な人ほど、

早く逝っちゃうんだろう。と、

改めて「死ぬ」ことの意味を考えたりしています。

(すいませんね。ブルーにしちゃいました。

これぐらいにしておきましょう。)

さてさて、気分を変えて。

夜には、カメラマンの伊藤くんに

新しい作家さんの作品を渡して撮影してもらいます。

(彼も面白い人間なので、

そのうちエピソードをご紹介いたしますね。)

新しい作家さんは、田中君と、糸長さんです。

ふたりとも、ぴっちんぴっちんの若さがあります。

盆前には「ART MEDIA keyis」更新できると思いますので、

また、ぜひご覧ください。

では、本日は、このへんで。また、明日。

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、

man shot!

田中君の作品群です。

ちょっと見えにくいとは思いますが、

線描を多用して、

さまざまな表現にチャレンジしています。

大阪へ来たときは、野宿を考えていたようです。

いまごろは、北海道に行っているかも知れません。

「おーい!田中君。

はやく作品コメント、送ってくれぇ~。」

Img_1057

| | コメント (0)

散歩は嫌い。お肉は好き。

はい。おはようございます。

本日は、日曜限定!わんこな日々の時間です。

で、なににしようかと思ったのですが、

散歩が嫌いなのを先日書いていて気がつきました。

それについてにします。

キャラ子は、家からあまり出たがらないのですよ。

梅田や京都など街中まで出ると、けっこう歩くのですが、

家のまわりは、なぜか散歩したがりません。

いろんな犬の臭いがするのか。

目的(食事)のない、

ただの散歩は意味がないと思っているのか。

理由は、まったく分からないのです。 

近くの河川敷までボールなげをしに行くときも、

河川敷まではなかなか自分から歩いていこうとしません。

(だから、抱っこして行くわけです。とほほっ。)

ただ、先日からご紹介している近所の焼肉屋さんには、

猛烈に突っ走っていきます。

それは、それは、リードをひっぱる、ひっぱる。

ふだん見せないようなバカヂカラを発揮する、する。

Img_1201_2_2

(後ろから見ると、どう見てもイタチです。)

焼肉屋さんにつくと、ひざのうえで、

いまかいまかと、厨房から目を離さん、離さん。

Img_1202

(これまた、ぼけぼけshotで、すいません。)

大将が「はいよっ!」と、特製キャラめしを、

運んでくると、もう目がランラン。

「よしっ!」の掛け声と共に、ガツガツ、ペロン。

Img_1209_1

まぁ、お店に入ってから出るまで、

ひと吠えもしないので、

お店の人たちやお客さんたちに

大目に見てもらっています。

でも、どうして、散歩しないんだろうなぁ。

それだけが、不可解です。

帰りは、スタスタ歩いて帰るんだけどなぁ。

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

面白い人のまわりには面白い人がいる。

昨日は、朝。

長期レンタルを営業代行していただいている

会社の社長さんにお会いしてきました。

いよいよ、これからが本番です。

いまのところ好感触らしいのですが、

まずは、吉報を待つのみです。

その後、OMMで経営コンサルタントの関浦さんに

お会いしてきました。

関浦さんは、落語家をプロデュースしたり、

大学で教えていたりと

さまざまなことをしている方なのですが、

出会いは、一年と少し前ぐらいだったと思います。

はじめは、NPOの立ち上げ方などを

レクチャーしていただいていました。

そのうち、いろんな方々をご紹介いただくようになり、

(落語家の露の団四郎さんや高齢者生協のみなさん、

應典院のご住職に、アート系NPOの方々に、

額屋さんの社長さんに、エステ会社の会長さんに、

その他たくさんの方々に。

書ききれないのでこれぐらいで…。)

ART MEDIA keyis」のデザインをお願いした

デザイナーの増田連太郎さんも、関浦さんがいなければ

出会えませんでした。

さてさてお話の内容はというと、

これからも面白い人たちとジョイントして、

もっと面白いことを仕掛けていきましょう。

と、いうことになりました。

たとえば、京都のシナリオライターの方に、

アートをテーマにした創作落語を書いていただき、

展覧会で作家のみなさんと落語家のみなさんで

セッションをしてみる。なんて、ね。

ちょっと、無謀でしょうか。どうでしょうか。

(岩澤さん、大澤さん。

ブログ見ていただいていますかぁ。

2年後プロジェクトに、

いくつか、ご提案いたしますよぉ。)

面白い人が、面白い人を誘って、もっと面白くなる。

いろんな世界の人を、

もっともっとアートの世界に集結させれば、

もっともっともっと面白くなると思うんだけどなぁ。

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

はい。関浦さんです。

ブログのお師匠さんです。

一日2,0003,000アクセスあるそうです。

(ちなみに、ヤフーで高本万知夫と検索すると、

7ページに渡り、関浦さん関連サイトに飛びます。)

広告、ありがとうございます。

ほんと、すごいお方です。

http://smec.tv/

Img_1215

| | コメント (0)

知り合いがほめられると、うれしいもんです。

昨日の日本経済新聞の夕刊で、

大阪市

立近代美術館の学芸員の三井さんという方が、

京都で開かれているべ・サンスンさんの展覧会に

出品している作品を“「動」の作品に格段の進歩”

と、ものすごくほめていました。

(以前、この展覧会のことは、

ブログでも書かせてもらいました。)

ベさんとは、ここ一年ぐらいのしりあいなのですが、

やっぱりうれしいもんです。

彼女のがんばりを垣間見ているぐらいなんですけどね。

実は、同じようなことが、うちの奥さんにもあったんです。

ちょっと自慢ぽくてお恥ずかしいのですが、

今年、東京方面の某百貨店のお中元の

メインキャラクターをやらせていただくことになり、

東京方面の方々からは、えらい目立ってると、

メールやら手紙を、けっこういただきました。

(大阪にいると、さっぱり実感できませんけどね。)

イラストレーター仲間や友人たちなら分かるのですが、

ある出版社の編集長から、

「荒木さんの作品が出ているのをみて、

こちらまでうれしくなってしまいました。」と、

メールをいただいたときは、

逆にこちらまでうれしくなってしまいました。

こうゆうことがあると“ものをつくる仕事”というのは、

いい仕事なんだなぁと、つくづく思ったりします。

じぶんの作ったものが、だれかに評価され、

だれかに喜びを共有されている。

だれかの励みになったり、希望になったり。

(時に、怒りになったりしますけどね。)

と、と、と、と。

もっともっと書きたいのですが、

今日は、もう打ち合わせに行かなければなりません。

時間切れです。すいません。

この続きは、またいつか。

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

ぼけぼけですが。

一心不乱に焼肉屋へ向かう娘です。

朝とか、散歩は大っ嫌いな娘なのですが、

夕方、焼肉屋さんへ行くときは、必死です。

先頭を切って、駆けていきます。

振り向きもしません。すごい勢いです。

Img_1200

| | コメント (0)

そろそろ、ビックリリアンの準備です。

そうなんですよね。

そろそろ、ビックリリアンの準備を進めていかなければ

ならなくなってきました。

NPO法人ARTPOTが主催する「ビックリ!リリアン」は、

819日(土)・26(土)の2日間

西成の人権文化センターで午後2:00から行われます。

といっても、先着20名様限定なので、

ここで広告してもいたしかたないのですが。

(広告は、人権協会で実施中。それも、小学生主体だし。)

とはいえ、流れだけでもご紹介しますと。

一日目、

①講師の「やまむらけい子」さんの話と作品紹介

ビックリリアンを使った編み方の講習
ペットボトル(2ℓ)でリリアンを手づくり
好きな毛糸で、各自リリアン編みに挑戦
編み上がったものをつないで“くねくねムシ”をつくる
⑥あとは、会場や公園などで遊びながら楽しむ

二日目、

①みんなが考えた「びっくり!リリアン」を発表
それぞれ持ってきた素材でリリアン編みスタート!

できあがった「びっくり!リリアン」を発表

④最後は、みんなで記念撮影!

という具合です。ぜんぶできるかなぁ。という不安いっぱいです。

その時はその時で、臨機応変に対応いたしましょうか。

さらに、わずか20名とはいえ、ほんとうに集まるかどうか、

こちらも不安いっぱいです。

ビックリリアンは、一度やれば、病みつきになることは

間違いないのですが、いまの子どもたち、

リリアンそのものに興味を持ってもらえるか

どうかが問題なのですよね。

来週の金曜日、参加メンバーで

シミュレーションしておこうということになりました。

また、それはそれで、写真押さえてきますので。

ではでは。次回は、作家のやまむらけい子さんの

ご紹介など、させていただきましょう。

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

ペットボトルをカットする変圧器です。

奥さんが、立体作品用の

発泡スチロールを切るために開発したマシーンです。

まっすぐ切るには、熟練の技が必要です。

(だから、ぼく、まっすぐ切れません。

西成のこどもたち、怒らないでね。)

Img_0867

| | コメント (0)

現代アートとイラストの違いってなんでしょうね。

少し前なのですが、ある作家さんから

どうして、ファインアートとイラストに分けているのですか。

と、言われたことがありました。

ART MEDIA keyis」を立ち上げるとき、

カテゴライズは、ずいぶん悩みましてね。

世界の美術館で標準のものを、

専門の方からも教えていただいたのですが、

あまりにも複雑すぎて一般の方が見ても判断できないと思い、

当初は、やや簡易化したものを考えていました。

しかし、それでも作品ジャンルとなると、

絵画、ドローイング、版画、彫刻、工芸等、

すぐには扱えない作品ジャンルも多々あり、

立ち上げ時には運送のことも考えて平面作品のみで

オープンすることを決めました。

そこで、一般の方に直感的に選択されやすくするため、

ファインアートとイラストレーションの

2種にして分かりやすくすることにしたのです。

でもぼく個人も、この2タイプには境が

あまりないことは、仕事柄、実感しています。

ただ、ファインアートの世界で活動する方々と、

イラストレーションの世界で活動する方々との意識は、

少し異質なものを感じているのは確かです。

今後、ファインアートには、

かなりシリアスな作品も登場することも考えられたため、

イラストレーションには、

明るさや元気よさなどをテーマにされている方々を

セレクトさせていただいています。

この基準は、あくまでも

システム管理者のぼくの経験に基づく独断です。

今後、作品も増え、立体作品も扱える体制が

整ってきた時点で、あらためてカテゴライズを

リセットしようと考えています。

そういう意味では、一年ほどはテスト期間だと思って

気長にお付き合いいただければありがたいです。

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

このオイルサーディンに、ピンと来たかた、

かなりの天満橋通ですよ。

Img_1045

| | コメント (1)

ぐんぐん、進む。てくてく、進む。

昨日、あと回り、さき回りの、話をしましたが。

不思議なもんですねぇ。

小吹さんと、3回も会ってしまいました。

1回目は、ギャラリー白さんで、

ギャラリストの吉澤さんと話し込んでいたとき。

2回目は、0ギャラリーeyesさんの入り口で。

3回目は、ぎゃらり かのこさんで、

オーナーの方と話をしている時でした。

小吹さんは、自転車をこぐ。ぼくは、歩く。

展覧会を回る場数も、速度も、

その差は、ひじょうに大きいのですが、

3回も会えて、やっぱりうれしかったですね。

なんか同じ方向を向いて、

汗かきながら一緒に進んでいるようで。

ぐんぐん、進む。てくてく、進む。

その差は、ひじょうに大きくても、

向いている方向は同じなんだなぁ~。

って、勝手な解釈ですが。

最近、よく思うことなんですけど、あらためて書くと、

ぼくは、ひとりでは、なにもできない。

ということです。(あたりまえと言えば、あたりまえですね。)

ギャラリー回りは、いろんな方と話ができる楽しみもあります。

これまでに、いろんな作家さんや美術関係者と出会わなければ、

ぼくは、アートでなにかしようと思いもしなかったはずです。

人がいるから、ぼくもあり、アートだってあるんですよね。

この世から、人がいなくなれば、アートだってなくなる。

アートのなかで、ぼくにできることを、

てくてく、探していくしかないでしょうね。

(やっぱっ。自転車で回ろうかなぁ。

歩いては、とても回りきれんわ。こりゃ。)

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

大阪の祭り風景シリーズ、第2弾。

天神祭りのデモンストレーションです。

本日の夜が、クライマックスです。

今日も、天満橋行くんですよね。花火見れるかなぁ。

Img_1170

| | コメント (0)

本日、ギャラリー回りです。

毎週、大阪のギャラリー、

それも老松町から信濃橋、心斎橋ぐらいまでは、

回っています。

元気なときは、なんばから谷町6丁目界隈、

北浜、天満橋まで回って帰っています。

以前は、自転車で回っていたのですが、

めんどくさくなっちゃって、

最近は、歩くことにしています。

(その方が、楽なんですよ。気分的に。

回れないときは、まぁ、しょうがないか的に。)

面白いのが、いろんな知り合いの人の先まわりだったり、

後まわりだったり、するんです。

(なぜ、分かるかというと。

芳名帳に名前書くとき、先に来た人の名前が

だいたい同じ順番に並んでいるからですが。)

後で、オープニングパーティで会って、

「高本さんのあと、追いかけてきましたよ。」って

言われたりします。

なんでだろうと考えてみると、

たくさんあるギャラリーを一日で回る場合、

効率的にできるだけ多く回りたいという意識が自然に働くため、

ギャラリーを回る順番が

だいたい同じ順番になってしまうのだろうと思うのです。

密かに、このギャラリー回りをリサーチすると、

いままで気づかなかったユニークなデータが

取れるかも知れないなぁと思っています。

そのデータをもとにすれば、みんなが共感できる面白いことが

仕掛けられるような気がするんですよねぇ。

広告屋的発想で、アートを見るのも、けっこう楽しいことです。

さてさて、本日は、誰の後回りでしょうか。

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

陶器の展覧会に行ったときに見つけたワードです。

この気分のワードは、大好きです。

陶器の写真じゃなくて、ごめんなさいね。作家さん。

Img_0911_1

| | コメント (0)

犬嫌いを犬好きにした犬。

「なんで。犬ば、こぉたとぉ。」

はじめは、こんな感じでしたかね。たしか、金切り声で。

ぼくの田舎は、熊本の天草でして。

といっても、おかんの生まれ故郷でして。

おやじは、熊本の白川生まれ。

ぼくは、どういうわけか北九州生まれたい。

4年前に、キャラを買い始めて、

一応報告するために、天草へ電話したのです。

すると、そんな言葉が返ってきました。

もともと、おかんは、大の犬嫌いでして。

大阪にいたころは、近所の家にいた犬を

追い立ててばかりいました。

「シッ、シッ、あっちいかんかぁ!」ってね。

実は、おかんの影響で、ぼくも大とはいかないまでも、

犬は苦手でした。

奥さんが、どうしても飼いたいと言わなければ、

キャラと出会うことはなったでしょうね。

そんなことはさておいて、

そうゆうおかんですから、

「天草に、連れてきたら私が叩きなおしたったぁ。」と、

それは、それは、恐ろしげなことばかり言っておりました。

そういうことを言われれば言われるほど、

ぼくは反発したくなる性格でして、ついに、

昨年連れて帰ってみました。

(その前から大阪に用事で来たときは

会わせていたのですが。)

最初は、遠くから見ていたおかんも、

キャラから走り寄って行くと、

恐る恐るも、徐々に徐々に触りだし、

(ぎこちないんですよ。犬嫌いだから。触り方が。)

ものの数分もすると、

顔は舐めさせないものの、

ひざの上に乗せるようになってしまいました。

さらに、次の日からは、朝早くから、

「近くの家までいくけん、キャラば、

散歩させちゃろかぁ。」と、

散歩までかってでるようになってきました。

キャラのおかげで、今回は、うまくいったようです。

ただ、犬嫌いの人すべてを

犬好きにするのは難しいとは思います。

人間同士でも、ほんとうは好きだったけど、

なにかが原因で嫌いになることがあれば、

嫌いだったけど、好きになることもわけで、

相性みたいなものもあるでしょうしね。

人と犬の関係は、太古の昔から

不思議な関係でつながっていますよね。

ぼくにとって、おかんとキャラの関係は、

これからも追いかけていきたい関係です。

(今年の夏も、連れて帰る予定です。

だって、おかんの電話「キャラは、どうしとるっ?」

ばっかりなのですよ。最近。)

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

朝食が終わり、ひたすら眠りにつく女です。

(ほんと、よく寝るわ。)

ちなみに、昼食ごろに眼が覚めます。

Img_1152_1

| | コメント (0)

コピーな日々も、書いてみますんで。

先日のことですが、

いつもの倍以上のアクセスがありまして、

びっくりでした。

それは、アイスティのコピーのことを書いたときでして、

自分でも気づかぬうちに、熱が入っていたんでしょうか。

オーラの泉が、わわわん~と、

みなを引き付けたのでしょうか。

まぁ、たまたまみなさんの時間が重なっただけなのですが、

コピーのことを書くのも悪くないなぁと考えまして、

平日の「アートな日々」、日曜日の「わんこな日々」、

に加えて時々「コピーな日々」も入れてみようかと思っています。

コピーだけは、あきるほど、捨てるほど、腐るほど、

書いてきたので、いくらでも書ける気まんまんです。

いまだから言える大失敗や、

たまらん広告代理店のにいちゃん、おっさんの話や

死ぬほど一緒に頑張っていただいたクライアントの話など、

いろんな話を盛り込みながら、もう言っちゃっても

いいんじゃない的にやってみましょう。

ではでは、ちょっと考えて、やってみましょう。

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

先日、小吹さんが祇園祭の写真載せてましたよね。

そこで、負けじと撮った、

大阪市

内で出くわした

獅子講のみなさんの写真です。

暑かったなぁ、でも、元気だったなぁ、子どもたち。

(本日、まったくアート、関係なかったですね。すいません。)

Img_1036_1

| | コメント (0)

クラフテは、中津の裏通りにあり。

昨日は、才木寛之くんが展覧会を行っている

中津のクラフテさんへ、行ってまいりました。

中津は、カメラスタジオが多くあり、

以前、よく通っていたので安心しきって行きました。

ところが、ところが、

行けども、行けども、着かない。目印もない。

あれっ?と思って地図をよく見てみると、

駅をまんなかに逆方向へ向かっていました。

人間、過信したら、あかん。

を、身をもって体現しておりました。

(まぁ、アホおやじの話は、これぐらいにして)

中津の小さな商店街から細い路地を入っていくと、

ありました。クラルテです。

才木くんの展覧会ですが、

一言で言えば、もちろんよかったです。

彼の「静物」シリーズは、これで2回目ですが、

特に壁にも掛けられるタイプは今回初めて見て、

かなりそそられましたね。

彼の作品には、艶があります。

静かなるものなのですが、そこにしっかりと

存在するものでもあります。

回を追うごとに良くなっていくようで、

これからも楽しみな作家のひとりですね。

余談ですが、クラフテのオーナーは、

インテリアデザイナーで、なかなか面白い

家具などを手がけていました。

ファイルもいただいてきました。

また、いつか、ブログでご紹介したいと思っています。

http://www.mdnc-krafte.com/g_schedule.html

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

どの作品を載せようか迷ったのですが、

やっぱり、売れた作品にしましょう。

もう見れないかも知れませんからね。

では、どうぞ。

Img_1077

| | コメント (0)

才木寛之くんからの、うれしいTEL。

昨日は、いろんなメールやTELがありましたね。

で、

そのなかでも、いちばん困ったのが公安局からのTELで、

現在、古物商の免許を個人で取得しているのですが、

いまのままでは今後いろんな問題が生じやすくなるため、

会社名義で取り直さなければいけなくなってしまったのです。

(まぁ、取り直すまで、いまの登録番号で

営業させていただけるそうなので問題はないのですが。)

できるだけ短時間で取得しようとしたのが、

ちょっと裏目に出てしまいました。

関係者のみなさま、どうもすいません。

では、いちばんうれしいニュースです。

才木寛之くんという皮革を使った面白い作品を

作っている作家さんから、作品が売れたという

お知らせが舞い込んできました。

実は、短期レンタルで、昨年の夏過ぎに

靴をかたどった作品をお預かりしたのですが、

どうもCMや販促用には向かなかったみたいで

なかなか動かず、どうするべきなのか、

ちょっと、思案していたときだったのです。

先月末に、レンタル会社の担当の方とお話したところ、

もっとオブジェっぽいものなら動くのでは、

という結論に達し、最近作をお借りしようと

才木くんに電話しようとしていた矢先でした。

これは、非常にうれしかったですね。

古物商の免許で、ちょっと、テンション低めになった気分も、

一気に急上昇いたしましたよ。

さっそく、来週。

作品を交換させてもらうことになりました。

今度は、きっと、こちらのルートでも動くはずです。

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

ただいま、才木くんは、中津のクラルテというところで、

個展開催中です。終了まで、あとわずかですが、

お近くの方は、ぜひに。

http://www.mdnc-krafte.com/eventinfo.html

| | コメント (0)

そのむかし、書の展覧会に出たコピー。

ブルースを愛した街で、

アイスティは生まれた。

1904年、ま夏のセントルイス博覧会で、

合衆国をアイシングした。

ミシシッピの麦わら帽子の少年がふりかえっている。

ほんとに、ほんとに、おおむかし。

ぼくがまだ、師匠に真っ赤な添削を受けながら

コピーライター修行中、追い込まれながら、

ギリギリで、ヒリヒリしながら書きあげたコピーです。

ART man daysなのに、

「なんで、コピーの話なの?」と思われて、いますよね。

ぼくも、なんで、こんなこと思い出したかと言うと、

先日のART MEDIA keyisの立ち上げ会のときに、

どうしてだったか、話題になったんですよね。

(酔っ払いながらも、記憶に残っていましてね。)

このコピーには、ぼくのいまだに忘れえぬ、

エピソードがあるんですよ。それを、ちょいと、

書きたくなってしまったんです。

それは、このコピーを書いて、ポスターになって、

ミスタードーナツのお店に張り出されたころのお話。

ぼくは、いつものように、会社で、4Bの鉛筆握って、

原稿用紙に向かっていたんですよ。

(時代が分かるでしょ。時代が。手書きですよ。)

すると、ミスタードーナツの広報の方から電話がありました。

「お店に来られているお客様が、

書道の展覧会に、アイスティのコピーをそのまま、

書にして出品させていただきたいとおっしゃっているのですが…。」

ぼくは、うれしかったですね。

上司にほめられるより、広告代理店にほめられるより、

クライアントにほめられるより、親にほめられるより、

それまでで一番うれしかった。

その時の、思いが忘れられないのです。

このコピーができなければ、

たぶん、その後、コピーライターとして

仕事を続けられなかったかも知れませんね。

そんなこんなで、この年になっても、

このコピーだけは、忘れちゃいけないような

気がしてましてね。

今回、あらためて、書かせてもらったわけです。

(手書きじゃないのが、残念ですが。)

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

これまた、おおむかし。東学ちゃんと、

あるビルの、ちっちゃな展示スペースに

飾るために作ったもんです。

(一晩で4点作ったうち、

やっぱりこの1点は、手元に残してしまいました。)

ちなみに、いまは、家の2階のトイレに飾っています。

というか、コンセント隠しになっています。

(ごめんね。学ちゃん。)

Photo

| | コメント (0)

作品は実物にまさるものなし、か。

昨日、信濃橋画廊にて開かれた

uneasiness IV」のオープニングパーティへ

行ってまいりました。

さすがに、関西の実力者がそろっての展覧会、

いい作品ばかりでした。

作品は、実物を見るのがイチバン。

というのが、悔しいかな正直なところかもしれませんね。

ART MEDIA keyis」では、拡大縮小が自由なソフトを使って、

できるだけ忠実に作品のテイストを再現することを

こころがけているのですが、

実物の作品を目の前にすると、かなわないですね。

(あたりまえのことでしょうけど。)

Webでどこまで、表現しきれるか。

それが、これからの大きな課題でもあります。

実物にはできないことをやれば、

面白くなるのかなぁ。とは思っていますが、

まぁ、がんばってみましょうか。

では、手短ですが、この辺で。

また、明日。

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

uneasiness IV」のパーティ風景です。

ぼくは、この時点でかなり出来上がっておりました。

この後、二次会へも行ったのですが、

しばし、眠っておったようです。

(みなさま、ご迷惑をおかけいたしました。すいません。)

Img_1069

| | コメント (1)

はじまりは、いつも岩澤有徑さん。

作家の岩澤有徑さんと最初にあったのは、

京都三条にあるロイヤルホテルの喫茶室でした。

あるギャラリストにご紹介いただき、

CM用短期レンタルにはじめてご協力いただく作家として、

作品提供をお願いしにうかがったのでした。

第一印象は、正直、神経質そうやなぁ。と、思いましたね。

(岩澤さん、ごめんなさいね。)

でも、話し込んでいくうちに、

むちゃくちゃ精力的に作家活動を行っていたり、

いろんなことに興味を持っていたり、

ユニークな人間性に触れることができて、

いっぺんにファンになってしまいましたね。

後日、岩澤さんのご自宅&アトリエへうかがい、

作品を受け取ることになったのですが、

「へぇ~。この作品。

なんで、できてんるんやろぉ~。」とか。

無知な質問ばかり投げかけていましたが、

岩澤さんは、親切丁寧に説明してくれたのを、

印象として残っています。

(まぁ~た、アトリエが広いのなんの。

うちの奥さんが見たら、びっくりしますよ。

いい環境でした。写真撮っておけば、よかった。)

そして、一カ月後、はじめて

レンタルされたのは岩澤さんの作品でした。

そして、ART MEDIA keyisへの参加を最初に

快諾いただいたのも岩澤さんでした。

というわけで、岩澤さんとは、はじめてづくしです。

もちろん、新しくはじめる長期レンタルまで

お付き合いいただきます。

それは、ぼくが決めてしまいました。

覚悟してください。ね。岩澤さん。

では、本日。

信濃橋画廊で、uneasiness IV」の

オープニングパーティです。

みなさまも、ぜひ、信濃橋でお会いしましょう。

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

言わずと知れた、岩澤さんの作品です。

(始めて見る方、ほんま、

なんで、できてるか興味ありませんか?)

ご本人のお顔は、ART MEDIA keyisのサイトで

ご覧くださいな。

104_0446_1

| | コメント (0)

留守番のできない箱入りキャラ子。

普段これといって、困らない犬です。

おとなしいし、人なつっこいし、

まぁかわいいほうだし。

(はい。わたし、バカ親です。)

でも、ほんとうにひとつだけ困ることがあるんですよね。

キャラ子には。

留守番ができないんですよ。

一人にしておくと、泣くわ、わめくわ。

帰ってくれば、まとわりついて離れないわ。

まぁ、すべては、わたしたちバカ親夫婦が、

小さい頃から甘やかしてきたのが原因ですが。

で、

あっちこっち、夫婦で出かけるときは、

できるだけ連れて行くわけです。

ギャラリーはもちろん、ショッピングも、

(リュックに入れておけば、

大丈夫なところは多いですね。

東京の百貨店なら、ほぼok!)

いっぺん入ってみて、注意されたら出ていこう的な

いきあたりばったり方式でキャラ入店可能店を

日々さがしているのですよ。

そして、ちょっと自慢したいのが、

ご近所の焼き肉屋さんもokなのです。

普通、ダメでしょ。焼き肉屋に、犬は。

ところが、たまたまオーナー夫婦が犬好きでして、

枚方へ越してきたときに、

いきなり「犬、いいっすかぁ~。」って、

内心だめだろなぁ、っと思って入ったら、

「いいよぉ~」って、

あっけなく返事が返ってきまして。

いまでは、常連になってしまいました。

犬好きのみなさま、

迷惑にならない程度に、あたってくだけろです。

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

Img_0975

ほんとうは、お酒はダメなんですけど。)

シュワシュワしてて。

(ビールは、嫌がるんですよね。

ここからは見えませんが、舐めていますね。

ワイン、いただいているようです。

またまた、ベさんとのからみです。

| | コメント (0)

だれかは、だれかに、影響をあたえている。

昨日の夜、枚方の天津橋の上で、奥さんが

大学生3人組の話を聞いたらしいのです。

「なぁ、あれ。

ほんまに、やるんかなぁ。

あの夢のような企画…。」

だれかの夢が、だれかの希望にも、なっているのか。

それとも、冗談でオーバーに言っただけなのか。

奥さんは、なんとなくいい話のほうに

とらえてみたい気がしたそうです。

だれかは、だれかに、影響をあたえている。

ART MEDIA keyis」も、少しでも、

そうなっていければいいなぁ。

と、思っています。

それは、アーティストのために、

ということでもないような気がしています。

わたしは、これをやりたい。と、手をあげることで、

じゃぁ、わたしは、こっちをやりたい。

と、手をあげる人が出てくる。

派生的に広がっていくものじゃなきゃ

いけないような気がしています。

おまえがやるなら、俺もやる。

ではなく、おまえがそれをやるなら、

俺はこれをやる。

一人ひとりがそう思うことが、

大切だと思うんですよねぇ。

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

たまたま、お会いした渡辺カント作郎さんです。

たまたま、ライブをひかえてギター弾いていました。

向かって左側の方も、

たまたま、通りがかって弾いているようです。

Img_1037

| | コメント (0)

大阪の夏は、ビッグ盆!

うーっ。頭が、いたい。

昨日は、おいしいお酒を、少し飲みすぎました。

いやいやいや、楽しかったですね。

ART MEDIA keyis」のスタッフで、

一致団結してまいりました。

いろんなアイデア、出ました。

(ちょっと、覚えていない部分もありますが。)

きっと、面白くなります。

それは、確信いたしました。

(お金と時間を考えながらなので、

徐々に、徐々に、ですがね。)

それと。

長期レンタルのお話も、販売代理を快く

引き受けていただいた会社の方々のおかげで、

うまく動き出しそうです。

(これまた、実現したあかつきには、

もう少し具体的にブログでご紹介いたします。)

それと、それと。

昨日は、渡辺カント作郎さんとお会いしまして、

http://www.m-o-u.com/kant/

86日(日)にフェスティバルゲートで

「“100人バンド”をやるから、参加しませんか。」と

言っていただいたので、

「参加します。」と言わせていただきました。

楽器ができなくてもいい。らしいのですが、

どんなことになるのか、まぁ、気軽に参加してきます。

みなさまも、この夏は、大阪を熱くする

“ビッグ盆!”を楽しみましょうぞっ。

http://www.log-osaka.jp/main.html

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

やはり、なにより、

昨日の立ち上げ会風景でございましょう。

みなさま、お疲れ様でした。

そして、これからも、よろしくです。

Img_1041

| | コメント (0)

今日は、これからシミュレーション。

おはようございます。

最近、寝苦しくて寝苦しくて。

本日は、かなり早目からおきて、

朝から行われる販売代理店での長期レンタルの

シミュレーション準備に取り掛かることにしました。

この記事が公開されるころには、

ひと汗も、ふた汗も、かいているところで

ございましょうか。

といっても、仕事的には、

アートコーディネート担当の平木恵美子さんと

梱包&設置&メンテナンス担当の山岡寛さんに

ほとんどおまかせなので、

ぼくがやることは、知れているのですが。

(主に、プロの仕事の一連の流れを学んでまいります。

一度に全部覚えられるか。不安いっぱいです。)

そうそう。

今日の夜は、「ART MEDIA keyis」の立ち上げ会も開かれます。

これからどう盛り上げていくか、スタッフ一同、

じっくり話し合ってくるつもりですが、

いつものように、ただの飲み会で終りましたら、ごめんなさい。

その時は、明日のブログでは、触れないようにします。

ということで、今日は、あっさり系で、失礼いたします。

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

ギャラリー白のハンサムさんです。

山内亮さんという動物を擬人化した

独自の世界を描いている作家さんです。

(おおむね、水・木には画廊にいて、

よく冷えたお茶を入れてくれます。ほっ、とします。)

http://www.ne.jp/asahi/gallery/haku/

Img_1022

| | コメント (0)

ART POTで、やりたいこと。

世の中を変えたいと思っている人が、いるとします。でも、基本は、その人が変わらなければ始まらないんですよね。その人が変われば、まわりの人も変わっていく。まわりのひとも変わっていければ、何かが変わる。その積み重ねで、少し世の中も変えていけるかもしれない。

ART POTという団体は、アートを通して、少しばかり何かを変えていきたいというNPO法人だと思っています。(ところが、自分から変わるって、思っているより難しいんですよね。)

ART POTというものを考え出したのは、コピーライターの大先輩です。(詳しくは、デモサイトをご覧いただければご理解いただけるはずです。)

http://www.artpot.net

2年ぐらい前から、まずはその大先輩&神戸のアートコンサルタントの方&そしてアート素人のぼく、3人から打ち合わせを重ねて(まぁ、驚くほど時間かけましたね。あんなに話すこと、よくあったよなぁ。と思うぐらい。)

ようやく、去年。デモサイトもできました。昨年10月には、西成人権協会と協働で作家の折元立身さんのレクチャー&パン人間パフォーマンスを実現。今年の2月には、正式に大阪府からNPO法人として、承認されました。

一方、ぼくはアートを流通させる環境をつくるために、ある会社にアート作品のCM用短期レンタル事業を持ち込み、その会社のおかげで、なんとか動き出すことができました。(展覧会だけで倉庫に眠っちゃう作品って、単純にもったいないじゃないですか。)

一度、動き出すと、面白い話が持ち上がってくるもんで、今回の「ART MEDIA keyis」も、なんとか立ち上がりました。(まだまだ試運転中ですが、これからいろいろ手持ちの企画を実現させていきますよ。)

そして、もうすぐ。アートによる空間コーディネートを目的にした長期レンタルを、ART POTで出会った方々とスタートさせていく予定です。(今週には、販売代理店の方々とシミュレーションしてからGOさせますよ。)

と、いったところが、いままでの経緯です。

Webもデモサイトのままだし、あんまり動いてなさそう。」と思った方も、おられて当然。日本では、NPOって、お金をもうけちゃいけない仕組みになってるし。他の仕事で食べていけてるのに、わざわざお金になりにくいこと、率先してやろうとする人も、あんまりいないでしょ。

とはいえ、やり始めた以上は、やってみようじゃないか。と、ART POTの代表は、先日からご紹介している「びっくり!リリアン」ワークショップを手始めに、ある診療所のアートによる環境向上計画なんかも、手がけだしています。(もうすぐ、具体化していくはずです。)

ぼくは、ART POTによって、いろんな人と出会えました。そのことには、ほんとうに感謝しています。いまでは、コピーライターでやっていた時以上に、やりがいみたいなものを強く感じているのも事実です。(さまざまな会社の社長に、思いっきり怒られながらですが。)

どこまでこの先を走りきれるか分かりませんが、行けるところまでは、行ってみましょうか。(だって、ぼくは、後戻りできないんだもの。)

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

よければ、お帰り前に、お立ち寄りください。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

べさんとたわむれるキャラです。

最近、展覧会へ行く犬として、有名になりつつあります。

(ほんまかなぁ。奥さん談)

Img_0939

| | コメント (0)

uneasiness IV芦谷+岩澤+大澤+林

以前は、ほんとにコマーシャルアートばかりで、

現代アートには、まったく興味なかったのですが。

いろんな作家さんと出会い、

いろんな作品を見ていると、素人なりにも、

どんどん引きずりこまれてしまうものです。

いい作品や作家とリアルタイムで対話できるって、

かなり面白いなぁと、最近は思っています。

今回ご紹介するのは、この一年でけっこう濃い

お付き合いをさせていただいている

岩澤有徑さんと大澤辰男さん、芦谷正人さんの

三人が主催する「uneasiness IV」のご案内です。

IVでは、絵画作品の林嘉一さんをゲストにお迎えして、

いままでとは違う空間を演出していくようです。

しかし、彼らは、精力的に展覧会を開いています。

巡回展とかであれば、素人なりにも分かるのですが、

毎回趣向を変えて、個展、グループ展を含めて、

数ヶ月に一回の割合で開いています。

それだけでも頭が下がります。 へへ~ぃ。

(実は、一緒に面白いこと仕掛けましょうと、

彼らからお話をいただき、先日、立ち上げ会を開きました。

少し、時間かかりますが。お楽しみに。)

さて、さて。もう来週月曜日です。オープニングパーティ。

そう17日です。お越しいただけそうな方は、ぜひに。

信濃橋で、お会いしましょう。

uneasiness IV

2006.7.17MON)~7.22(SAT

17日(月)17:30~オープニングパーティ

信濃橋画廊

550-0005

大阪市西区西本町1-3-4

陶磁器会館B1

06-6532-4395

1

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

よければ、お帰り前に、お立ち寄りください。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

黒を生かすために描く。べ サンスン

77日(土)、七夕の夜。

ベ サンスン展覧会の

オープニングパーティが開かれました。

ぼくが行ったときは、45人だったのですが、

徐々に人が集まりだして、いつのまにやら

満員御礼状態になってしまいました。

Img_0912

まずは、京都芸大の先生や、

今回の展覧会を企画したNPOの方など、

べさんの作品に対するコメントから始まりましたが、

ぼくはべさんから撮影係に任命されてしまったため、

写真に気をとられて、

あんまり話しが聞き取れませんでした。すいません。

(部分的に記憶に残っているワードだけでも、

キャプションでつけておきます。

もっと面白いこと言ってたと思うんだけどなぁ。)

Img_0969_1

「黒には、すべてを吸い込むイメージがある。

しかし、ほんとうは広がることを日本で気づかされた。」

「日本人の作家は、白を生かす。

ベ サンスンは、黒を生かすために描いている。」

さてさて、宴もたけなわになると、なぜか真っ暗に。

そうこの日は、彼女の誕生日でもあったのです。

Img_0978_1

(ろうそくを、一気に吹き消して、、、)

Img_0981_1

彼女は、この展覧会の後、韓国へ帰国する予定です。

彼女の力強い作品を、次は日本でいつ見られるか

分かりません。まだの方は、ぜひご覧になってみてください。

京都までいく甲斐は、必ずありますので。

Img_0988_1

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

よければ、お帰り前にこちらへも、お立ち寄りください。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

町屋ドッグカフェで、京の夜。

京都は、ぼくたちの住んでいる枚方からも近く、

奥さんの両親の実家もあるため、よく行く、

と言えば、よく行くほうかもしれません。

で、先週の金曜日。

べさんのオープニングパーティがあったため、

キャラを犬用リュックに押し込んで、でかけたのです。

(ベさんのパーティ模様は明日に)

パーティも終わりに近づいたころ、

ぼくらは犬連れなので、

下調べしていたNESTという町屋ドッグカフェへ

向かいました。(それが、近くにあって良かった。)

入って、なるほど。

古い町屋を落ち着いたカフェにうまくアレンジされている。

三条界隈のドッグカフェは、けっこうあるのですが、

このNESTさんは、いい雰囲気のなかで、

ゆったりとした気分に浸れます。

Img_1011

料理は、イタリアの家庭料理スタイル。

まずは、ビールとフォッカッチャ、

クリームソースパスタを頼み、

キャラ様には、ドッグメニューのささみSをオーダー。

ドッグカフェって、どういうわけか

イタリアンが多いのです。(なんでだろう。)

こってり系がふたりとも苦手なのですが、

クリームソースがスープ仕立てであっさりとしていて、

美味しく食させていただけましたよ。

Img_1018

もちろんキャラ様も、一瞬でぺろり。

(よく見ると、ささみを中心にトマトや野菜もバランスよく

盛りつけられていて、なかなか他のドッグカフェとは違う、

センスの良さを感じましたね。)

Img_1012

(待つ女です)

Img_1013

(振り返る女です。

「それどころじゃないのよ!」と

すぐさま、待てない女になります。)

すこし時間も遅かったので、客はぼくたちだけ。

ふたり&一匹は、京都の夜を、

じんわり、ほのぼの愉しむことができました。

Img_1015

NEST

富小路通御池下ル松下町130
075-212-0417

http://www.nest-collection.com/top.html

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

よければ、お帰り前に、お立ち寄りください。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

| | コメント (0)

今日は、いろんな予告編ということで。

えーっ。

ビッグリリアンの話。

もっとお話したいことあるのですが、

ワークショップの日程に合わせて

少しずつご紹介していくことにします。

それと。

昨日、ベ・サンスンさんの

オープニングパーティに、行ってきました。

大盛況でした。最近、ギャラリーでの個展で、

こんなに人が来たのは、ほんとひさしぶりでした。

ブログの取材用にカメラ持っていたら、

いつの間にか、ベさんから写真係に任命されてしまい、

思いっきり撮影してきました。少しまとめ直して、

月曜日にでもアップします。

それと、それと。

よく考えたら、ART POTの話は、なぁんにも触れないで

いたことに、一週間たって、やっと気がつきました。

これは、いかん。と、思い直して、

徐々に、話していくことにします。

(理想が高すぎて、まだ実態が追いついていないのですが)

それと、それと、それと。

日曜ぐらいは、遊びのつもりで、

わんこネタやろうかと思いだしています。

西は熊本の天草から、東は東京の渋谷界隈にまで

全国に広がるキャラちゃんファンのみなさま、

お待たせいたしました。

ついに、彼女の近況写真など、載せてまいります。

(というわけで、明日からさっそくです)

Copy by man.

http://www.keyis.jp

イラストレーター荒木啓子(奥さん)のHPです。

よければ、お帰り前にこちらへも、お立ち寄りください。

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

昨日、べさんのパーティの後に、

お店を発見しました。すんごくゆっくりできて、

料理もおいしかったので、明日、ちゃんとご紹介します。

(けっこう、よさげでしょ。)

Img_1009

京都市役所の近所で町家をドッグカフェにしている

| | コメント (0)

ビックリリアンとの出会い

「びっくり!リリアン」の話。

もとは、ART POTスタッフで、ない知恵しぼりながら、

ワークショップを企画していた時に、

作家の大澤辰男さんからご紹介いただいたものでした。

(彼は聖公会生野センターのクリンもだん美術教室で

知的障害者に美術を教えている先生でもあります。)

http://nskk.org/province/ikuno/

そして、お会いしたのが、

天王寺のフェスティバルゲートにある

「ダーチャ」の山下里加さん。

http://dachadacha.exblog.jp/

彼女たちは、「ビッグリリアン」を使って、

人がすっぽり入れる編み物をつくったり、

みんぱく(国立民俗学博物館)の吹き抜けをリリアンにして、

とんでもなく大きな編み物をつくって太陽の塔に巻きつけたり、

と、面白そうなアートプロジェクトをしていました。

そして、そして。

リリアン作家のやまむらけい子さんに出会い、

(彼女は全盲なのですが、そんなこと感じさせない

明るくてチャーミングな女性です。)

ART POTの代表を中心に企画に改良を加えながら、

西成の人権協会へ提案。

なんとか819日(土)・26(土)に

西成人権文化センターで、

まずは、子どもたちに向けて「びっくり!リリアン」

ワークショップが行われることに決まりました。

と、こうやって書くと、すんなりことが運んだように

見えるのが不思議ですが。やっぱり、そうですね。

大澤さんと出会えなければ、たぶん。

ここまで、これなかったような気がしています。

(あらためて感謝です。)

Copy by man.

http://www.keyis.jp

http://www.kcat.zaq.ne.jp/kco

本日の、man shot!

「ダーチャ」で見せてもらった、「ビックリリアン」です。

なかなか、というか、かなり使いやすかったですね。

よく考えてつくったもんだなぁ。

Photo

| | コメント (1)

びっくり!リリアン、やります。

リリアン、って、ご存知ですか。

(ハイ。たぶん誰もが脳裏をかすめた

あの方ではありません。)

「リリアン」は、だれでも簡単に楽しめる編み物器です。

たぶん40代以上の方々であれば、あっ!あのリリアンか、

と思い出していただけるはずです。

(それ以下の、若き世代の人は、

まわりの40代以上の方にお聞きください)

で、ぼくもちょいとからんでいる

NPO法人「ART POT」では、「リリアン」のビッグ版で、

ワークショップを開くことになりました。

詳細は、また後日、このブログでご報告いたします。

(すいませんね。一回で出しきっちゃうと、

ブログネタが、なくなっちゃうもんで。

しばらくの間は、小ネタづくしで、やらせてください。)

でも、もう少しだけ、お伝えしておくと、

今回は、ペットボトルで手編みができる

大きさの「リリアン」を手づくりして、編みあげていきます。

そして、子どもや大人(親ですね)みんなが

編んだものをひとつにして、おっきな「くねくねムシ」をつくり、

体にぐるんぐるん巻いたり、公園でくねんくねんさせたり、

いろんなくんずほぐれずを体験しながら、

アートを楽しんでみようというものです。

次回から、少しずつ、全貌明らかにしていきます。

(けっこう面白いと思うんだけどなぁ。)

copy by man.

http://www.keyis.jp

本日の、man shot!

自分で試しに作った、ペットボトルリリアン1号です。

やりだしたら、必ず、はまります。

ほんと、ほんと。

Img_0905

| | コメント (0)

黒と、白と、べ・サンスンと。

べさん、とお呼びすべきか。

ベ・サンスンさん、とお呼びすべきか。

最初のころ、ちょっと、悩んでいました。

(ちいさな悩みで、すいません。)

さて、彼女と初めて会ったのは、

昨年の秋、天満橋の焼肉屋でART POTのみんなと

飲んだ時でした。

第一印象は、フルパワーでしたね。

他国 韓国から日本へ来ていたからかもしれませんが、

日本の作家さんとは、なにか違うものを感じました。

なんとも熱く、なんとも激しく。そして、なんとも切なく。

後日、短期レンタル用に作品を受け取りに行くと、

作品そのものは、黒と白という単純な色なのですが、

線を描きに描き、線が線に何重にも重なった作品を見ていると、

彼女の思い込みの強さや表現の深みを実感しました。

その後、彼女は、ニューヨーク、ロンドンへと旅立ちましたが、

ぼくの預かった作品は、テストで始めた短期レンタルで

半年足らずの間に、26回もレンタルされました。

(彼女のおかげで、ぼくもアートを流通させることができる。

と、自信をつけさせてもらえました。

面白い作品は、絶対だれかの眼にとまるんだと、

思い込めました。)

今回、京都での展覧会、どんな深みに達しているか楽しみです。

7月に京都へ行かれるときは、みなさまも、ぜひ。

copy by man.

ベ サンスン展

地図→http://mywiki.jp/19811218/gallery+3A/MAP/

Dm_1

※7月7日夜7時から、オープニングレセプション

7月7日~7月30日12:00~19:00(月曜日休廊)

gallery 3A

京都市中央区河原町二条北西角B1

℡075-256-1302

| | コメント (0)

ゆるさが、いいのさ。

なにごとも、型にはめたほうが、なにかとやりやすい。

でも、興味を引きそうな意外な出来事って、

やっぱり、型をやぶっちゃってるほうか面白かったり、

気持ちよかったりするもんです。

今回は、そんなギャラリーとしてのワクをやぶってるって言うより、

はずしている(?)「ギャラリー パライソ」のお話。

ここへうかがうと、ぼくはどうもほっとしてしまうのです。

オーナーの原田さんも、ギャラリーの経営者というより、

行きつけの居酒屋の大将という感じに近い。

お茶をすすりながら、世間話をして、

なんともゆるやかな空気に包まれて、

ほっこりした気分になって、帰路につく。

最近やってたことも、通常の展示じゃなく、

カウンターでプリントしたてのTシャツやバッグを即売したり、

ウクレレを弾く人たちを大将が写真を撮り、

自分で額装して、それっぽく展覧会したり、

(よく見ると、マットも自分で切ったもんだから、切り口ガタガタなの。

 この辺も、なんともゆるゆるです。)

それでも、ちゃんとしたライブもしたり。

と、綿密に練られた企画なのか、いきあたりばったりの企画なのか。

それは大将だけにしか分かりませんが、

訪れるたびに意外な面白さを発見でき、

またほっこりしようと、足を運んでしまうのです。

アメリカ村に行ったときは、よければ、ぜひ。

Copy by man.

本日の、man shot!

もちろん、ギャラリーパライソの大将 原田さんです。

手に持っているのは、自家製(?)ウクレレトートバック

(S500/M600/L700円)だったと思います

[ギャラリーパライソ]http://www.paraiso-tv.com/event/index.html

Img_0901_1

| | コメント (0)

姐さんたちのアートな夕べ

女性が集まると、行動が早い。というより、予想以上に面白くなる。

ということを分かりやすくも、すぐさま体現していただいたのが、

今回のArt Partyだったようです。

あるセミナーで知り合った横尾さんのエンクルをステージに、

(大阪の天満橋にある民家を使い、いろんな教室などを開いています)

アートワークス・サラ代表の平木さん、

(画廊経営の経歴も持つ空間コーディネーター。頼りになるお姉さんです)

ギャラリストの安田さん、

(普段は、アネゴ。酔うと、なんともチャーミングな姐さんです)

そしてインテリアコーディネーターの方も(もちろん女性)参加していただき、

旬のアーティストの作品を、民家のリビングや和室など、各部屋にコーディネート。

フィンガーフードをつまみながら、作品について語ったり、

アートを生かすポイントをアドバイスしたりの

Art Partyを開催(630日(金)6:30pm~)したのでした。

はじめての試みでもあり、参加者は10名ぐらいと、ほどよい人数で行われたとか。

さてさて。いざ、始まって見ると、思っていた以上に盛り上がってしまい

終了予定時間をはるかに超えて、楽しい時間は深夜に及んだそうです。

(内容は、すいません。他の用事で急いでいたので、聞けませんでした。)

でも、次回行われるときは、参加させていただきたいと思っています。

内容は、その時、しっかりリポートしますので、よろしくです。

copy by man.

Dsc03312

エンクルHP

http://www.geocities.jp/en_kul/

| | コメント (0)

動いていること。動かないこと。

フランスが、ブラジルを破るとは、

想像できませんでした。わたし。

というか、日本があんなことになってから、

肩の力が抜けて、けっこうしっかり楽しんでいる方は多いでしょうね。

(時間が時間なので、リアルタイムで見るのは大変でしょうが)

サッカーもそうですが、いろんなことや事件が起こりすぎていて、

本当に、すぐ忘れていかないと、取り残されてしまう。

そんな感覚になっても、しかたがない時代かも知れません。

でも、だから。せめて個人は、なんかこだわりを持って動くことが、

必要なんだという気もしています。

「誰がなんと言おうと、続けてやる。」とか。

「ぜったい、あきらめないぞっ。」とか。

思い込んじゃって動くことが、非常に大切な時代だと思うんです。

じゃないと、議論するだけで満足して何も残らなかったり、

動いていてもちょっとした石ころにつまずいただけで転んで終ったり。

(ぼくも、過去に多々ありましたが)

動き続けることの大切さは、生活であれ、それがアートであれ、

変わらないと思います。

(続きは、また、いつか。)

copy by man.

http://www.keyis.jp

本日の、MAN SHOT!

ART MEDIA keyisのイメージワード監修をお願いした

空間コーディネーターの平木恵美子さんが

主催した「アートを楽しむパーティ」の風景です。

夕方から2時間ほどだった予定が、かなり盛り上がってしまい、

深夜にまでおよんだようです。(ぼくも、次は絶対に)

詳しくは、また、明日にでも。Dsc03314 

天満橋の「エンクル」にてhttp://www.geocities.jp/en_kul/

| | コメント (0)

OPEN YOUR ART!

まずは、動いてみます。

そんな気持ちで、アートの販売サイトやってみます。

というのが、本音です。

僕は、長いこと、企業の広告コピーを書いてきました。

けっこう長いこと、やってきたので、

それなりに人に合わせることも、覚えてきました。

でも、ね。

真剣に書いてるときって、

マジで書きたいときって、

やっぱり、そのむこうに向き合ってくれる人が、

しっかりいました。

クライアントのネクタイ掴んで、

若気のいたりの、ケンカなんかもありました。

逆に、殴られたりして、ね。

僕は、作家と向き合ってみようかと思っています。

そして、このサイトを応援してくれる人たちと。

さらに、このサイトでアートを買ってもいいよと

言っていただける人たちと。

どう進んでいくのかは、いまは、まだ分かりません。

でも、ね。

これだけの人を巻き込んで始まってしまったので、

できるかぎりのことはしていきたいと思っています。

思っているだけでは、ダメですが。

いっぺん、やらせてみてください。

そんな気持ちで、まずは、はじめます。

Open my art! Open your art!

Copy by man.

http://www.keyis.jp

本日の、MAN SHOT!

本日の、というより、撮りためていたなにげない写真です。

それは、奥さんの、ある仕事で東京で撮影していた時、

髪の毛を増やす必要が急遽発生してしまい

(お偉いさんに、「写真に髪、写らないよっ」と言われ)

こってり盛り足して乾かしているのです。

ハイ。

Img_0709_5 

| | コメント (2)

トップページ | 2006年8月 »