コンタクト

アドレス(URL): http://www.keyis.jp

自己紹介文

keyis
高本万知夫(takamoto machio)

ミスタードーナツをはじめとするダスキングループ、JR西日本、読売テレビ、関西テレビ、タカラブネ等の広告販促企画及びコピーライティングを手がけた後、独立。 
現在、コピーライターというよりも、コミュニケーターとしての活動を中心に、妻である3Dアーティスト 荒木啓子のドール作品のプロデュースを行う。また、先輩コピーライターの果てしない妄想に感化され、現代アート系NPO法人の立ち上げに参加。関西のギャラリー、アートエージェント会社等とのコラボレーションも展開している。

NPO芸術環境計画/理事

■個展・夫婦展など
1993 「パラダ日詩」展 (ギャラリー スプーン/大阪・天満橋)
1994 「ふたりのコピーライター」展 (ギャラリー パライソ/大阪・心斎橋)
1996  「月読み」 展(茶屋町画廊/大阪・梅田)
1998 「ものもの」展(THE14th moon /大阪・天満橋)
1998 「女の顔、男の顔。」展 (ピンポイント ギャラリー/東京・南青山)
2003 「花日」展 (CWCギャラリー/東京・代官山)
2008 「SUGAR SALT」(ギャラリー80/東京・表参道)
    「SUGAR SALT in 福岡」 (ホテルクレガ天神/福岡・天神) 
                    (MINORITYREV/福岡・平尾)

その他、グループ展にもぼちぼち参加。

■受賞
1998 「ええんちゃう。MBS」で、
    MBS (毎日放送) コミュニケーションワード 大賞受賞
その他、「コーベニ、イコーベ。」で神戸市主催のなにかしらの賞受賞(ごめん。忘れました。)等。

●富士通「Azbyブログひろば」にて、「ART man days」が、2007年12月ゴールドブログ、
 2008年3月プラチナブログに選出される。